目のトラブルは内臓からの信号ですよね。

最近温かい飲み物を飲まない方が多い。

冷たいものの飲みすぎでこれからつけが眼や耳(耳鳴り・めまい・ふらつき)が表れます。

いくら目薬を差しても気休めにしかなりません。

肝、腎かなめというように目には肝臓、腎臓の働きを良くして、さらに目の血流を良くすることが

大切です。それには第一番目には身体を冷やす食べ物や飲み物を控える事が大切ですね。

飲む目薬といわれるアイリタンや1等級三七人参はやはり肝臓、腎臓の改善させる物。

さらにはこめかみや目の周りへの温灸も目の奥の血流を良くする為ですね。そういった事をしながら

世界一簡単な目の体操をご紹介しますね。

本当に簡単です。

まずは、静かに目を閉じ、目を閉じたまま、両目で鼻の先を見るように目玉を動かします。

つまり、目をつぶったまま、「寄り目」をするだけです。 たったこれだけ。

しかも、苦手な人は本当に寄り目ができていなくても結構です。

こんなのが目の体操になるの?と、思ったかもしれませんね。

でも、心配は要りません。

普段使わない筋肉を動かすことは、目の血行を改善して、非常に効果的な目の体操になるのです。

しかもこれなら、場所を選びませんし、通勤や通学の、電車やバスの中でも実践できますよね。

目の健康に一番よくないのは、疲労を溜め込む「血行不良」。

それを改善するために、ぜひ、試してみてください。蒸しタオルでの目のホットパックもおすすめです。

お風呂に入ったときは温かいシャワーで物回りを温めるのもぜひお試しください。

目と脳は、私たちが眠っている間も実は働いています。

もちろん、フル稼働状態ではありませんが、 睡眠中でも休みなく働いてくれているのです。

ですから、たまには目と脳をいたわる時間を とってあげてほしいのです。 やり方は非常に簡単。

まず、椅子に深く腰かけて、全身の力を抜きます。

そして、静かに目を閉じます。 このとき、あらゆる考え事を忘れて頭の中をカラッポにするようにしてください。

そして、顔の筋肉、口や舌、目の力を抜いていきます。

何も考えず、だらんとした状態。

この状態ができると、脳も非常にリラックスできます。 そのまましばらく。

できれば、最低でも3~5分くらいはそのままで。

長すぎるということはありませんのでゆっくりと行ってください。

そして最後に、目をゆっくりと開けてぼんやりと遠くを見ます。

何かを見ようとするのではなく、ただ目を開けてぼんやりと遠くを眺めているだけ。

これを1分くらい。どうですか? 実際にやってみると分かりますが、目が少し楽になったような気がして、

気持ちもずいぶん穏やかになるはずです。 これは、目と脳がリラックスした証拠。

一日何回でも結構ですので、ぜひ、試してみてください。

そして飲む目薬といわれる漢方薬・サプリメントで肝腎を強化と

眼のまわりの温灸で眼もスッキリしますよ。

眼だけでなく健康にも、アレルギー疾患にも、子宝、物忘れ、認知症すべてに温活が大切なんです。

それを常温、冷たいものは自分で病気を作っているのです。

それを早く気がついてほしいと思います。

だから温活が大切です。

寒い時はもちろんですが、年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が

大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

40℃の入浴習慣で身体をリセットすることが大切です。

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)