体調はいかがですか?夏、夏こそ温活のシーズン到来ですね。
温めると自律神経のバランスが整い身体の調子もよくなります。
モリタニ薬店で無料体験しましょう。
「温灸とカイロの違い」
カイロは、「皮膚表面だけ」を温める「雑貨」です。
冷えた状態を戻す事は出来ても温めるまでの力はありません。
ショウキ温灸器は、敢えて「火」と「炭化させたもぐさ」を使用し、「遠赤外線」を発生させています
遠赤外線放出機能は、最近の各種暖房器具や調理器具に「身体が温まる」として大部分で採用され、
衣服や脂肪をも通過して体内深くにある「内臓」を温めます。
温灸器には電気を使うタイプの物もありますが、電磁波の危険性がありますし、
人のからだにやさしい「1/fのゆらぎ」を持つ火を用いるショウキ温灸器の方が優ると思います。
こたつで眠ると逆に疲れるのは、
波のある人間のバイオリズムと一定の強さの電気のパルスが合わないからです。
魚を美味しく焼くには、「強火の遠火」が最適です。
遠赤外線が豊富に発生するのは、「強火」です。但し遠火でないと焦げてしまいます。
「強火の遠火」で魚を焼く事により、魚が生焼けにならず尚且つたっぷりの遠赤外線で内部まで、
しっかりとしっとりと火が通ります。
バーベキューのお肉やお野菜が美味しいのも、昔ながらの釜炊きのご飯が美味しいのも大火力ゆえに遠赤外線によりしっかり食材に火が通り美味しいのです。
食材と人体を一緒にする訳ではありませんが、
脂肪に包まれている内臓をきちんと温める為には「熱の強さ」ではなく、
「遠赤外線の多さ」と「からだへの優しさ」にこだわる事が大切だと思います。
分厚いジーンズの上からカイロをあてても「温かさ」を余り感じません。
当然、温め効果は少ないです。
ショウキ温灸器の場合は遠赤外線を放出するので、「温かさを感じなくても」治療効果が上がります。
それは、店内で「衣服を脱がなくても良い」という事にも繋がります。
厚生労働省認定の医療機器であり、もぐさに血行促進の桂枝と鎮痛効果の松節(松のこぶ、松康泉の原料)を練り込んでいるので、効果効能はカイロと比べるまでもありません!
電気を使用する温灸器は耳しか温まらないのに反して、火(遠赤外線)を使用する弊社温灸器は耳より深部の前頭葉や脳幹等まで温める事が出来ます。
自律神経やホルモンの状態は、遠赤外線により脳の血管が拡張し血流が促進される事により改善されます。
灸のように強い熱さはなく、気持ちいいと感じる程度の温度になり、
熱いのが苦手な方でも安心してできるのが人気です。
また温灸は熱が出る口が幅が広いため、ツボが分からない方でも大体の場所におけばいいので
鍼灸師でなくても使いやすくなっています。
カイロや湯たんぽなどで温めた時とは違う温かさが残るのも特長です。
温活は体温(理想体温は37℃)より低い飲み物をやめてお白湯習慣が大切です。
特に冷たい飲み物を飲む、食べるはコップに自分で身体に悪い毒を入れて飲む様なものですね。
そしてシャワー習慣から40℃でゆっくり入浴習慣で身体をリセットしましょう。
良いなれ、よい習慣こそが自分自身を健康にします。
薬漬けもうたくさんでしょ。薬漬け=自分で自分の首を絞めるようなものですね。
東洋医学の考え方では「冬病夏治(とうびょうかじ)」と言って、夏至の頃から冬の病気の予防を始めます。
冷え、リウマチなどの痛み、喘息や気管支炎など、冬に悪化する病気は陽気不足が原因で起こることが多く、陽気が充実する夏の方が治療しやすいと考えられているためです。
この時期からお灸を据えたり温かいものを食べたりして 陽気を補うことで、
冬の辛い症状が出にくくなります。
江戸時代の代表的な養生法指導書である「養生訓」(貝原益軒(かいばらえきけん)著)には、
旧暦の7月8月(現在の8月9月)に温灸をすると体に良いと書かれています。
残暑が厳しいので汗腺が閉じず、体表の気が閉じない状態になります。
そのため風邪(ふうじゃ)が体に侵入し、不調をきたします。
できるだけ冷たい風にあたらないように、と書かれています。
つまり、クーラーや扇風機の風にあたらない、夜の風はさけるようにして、
7月8月に温灸をして風邪を防ぎ、体に陽を蓄えることで秋に痰や咳が起こらないようにしましょう。
夏の間に陽の気を上げる、「熱」を溜めることが「冬病夏治」になります。
また温灸で体を温めることで、ヒートショックプロテインを増やすことが出来ます。
「HSP(ヒートショックプロテイン)」とは、、、
「野菜を50度のお湯で洗う」という事が流行っています。野菜がシャキシャキするそうです。
苺なども、50度のお湯に二分間浸けると見違えるように新鮮になるそうです。
温かくする事が有用なのは、野菜だけに限らず人間にも共通する事。
「温める」という事が「血行を良くする」というステップを踏んで、
人体に良い影響をもたらすという事は、どこかしら東洋医学的アプローチも含みます。
しかしながら「HSP」はバリバリの西洋医学です。
私たちの身体は60兆もの細胞がありますが、それらのほとんどは、タンパク質から出来ています。
このタンパク質の細胞は、さまざまなストレスにより、傷ついてしまうことがあります。
この傷を受けたタンパク質を修復する働きをするのが、
ヒートショックプロテイン(HSP・ストレスタンパク質)なのです。
HSPの役割は、傷を受けたタンパク質を修復するだけではありません。
修復しようがなくなったタンパク質を、スムーズに死に導く役割もしてくれるのです。
つまり、元気な細胞を保つために欠かすことの出来ない物質なのですね。
HSPは、細胞がストレスを受けると、本来、自然に生産される物質です。
でも、あまりにも大きなストレスを受けると、生産が足りなくなってしまう場合があります。
すると、細胞の修復は遅れてしまい、その結果、病気になっり、老化が進んだりします。
HSP(ヒートショックプロテイン)を増やす方法があります。
それは「身体を温める」たった、これだけなのです。
身体を温めると、熱というストレスに反応して、体内で確実にHSPが増えます。
そして、HSPは、ある程度なら、身体の中に貯めておくことも可能なのです。
ショウキ温灸器で温灸を身体に当てると、HSPが増えることは明白です。
耳・大椎・妊娠三穴・命門・血海・三陰交などの温灸療法をぜひお勧めします。
そしてなにより家族の喫煙はきっぱりとやめないと家族の健康は守れません。
だから喫煙者の家族には癌、難病、子宮筋腫、不妊症の方が多くみられるのは
そのタバコが家族の病気を作りストレスをもたらしています。
タバコがやめられないなら家族を持つ資格はありません。
人間じゃありませんね。だから喫煙者はかわりに温灸の煙を吸うと人間に戻ります。
そして脱化学医薬品で自分の身体を守りましょう。
詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。
自分の身体は自分で治しましょう。
モリタニ薬店HP http://moritani-drug.com/
1等級三七人参150 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r22-s/
アイリタン http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca8/78/p7-r-s/
サメミロン http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/68/p8-r-s/
五浄心 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/50/p10-r-s/
乳酸菌-5000生酵素Plus  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/
ショウキT-1 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/
美・ワカイン  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca7/13/p-r7-s/
チサフェルナ LFK(乳酸菌FK-23菌抽出物) http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/147/p0-r4-s/
ショウキ温灸器 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p-r11-s/
三井温熱治療器 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/81/p-r11-s/
ベントリンがコデールに商品名とデザインが変更に http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca20/85/p-r20-s/
酵素たっぷりの麦緑素(60包) http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/
酵素たっぷりの麦緑素(60包×3箱セット)
http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/125/p-r16-s/
銀盤足温浴器 http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/33/p-r11-s/
マグマオンセン別府(海地獄) http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca19/99/p-r19-s/