このところ台風が多発して影響で天気がすっきりしません。

悪い天気ほど気圧や湿気で体に悪い影響を及ぼします。

天気で体調を崩すのは男性より女性の方が多い!?

あなたの周りで天気や季節で体調を崩す女性はいませんか?

実はこの症状を訴えるのは男性より女性の方が3倍近く多く、

特に20~30代の女性に多いと言われています。

原因は不明なのですが、ホルモン分泌が関係しているのではないかとも言われています。

天気や季節で体調に変化が出るという女性は70%以上いるというデータもあり、

かなり多くの女性が天気による体調に悩まされているようです。

天気や季節でよく現れる体調の変化は下記のとおりです。

肩や古傷が痛くなる

気分が憂鬱になる

肌が痒くなる

体がむくんだような状態になる

頭痛やめまいが起こる

この結果を見て分かるのが、痛みだけではなく心や肌にも変化が出るということです。

天気が悪い時に出る体調不良は自律神経の乱れが原因であることが多い!

天気が悪くなると急に体調が悪くなることがあります。

この原因と言われているのが「自律神経の乱れ」です。

自律神経には下記の2つがあります。

ストレスを感じた時に優位になる「交感神経」

リラックス時に優位になる「副交感神経」

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いているのですが、

天候の変化で交感神経の方が活発化し、それが痛みとなって出るのが「頭痛」です。

この痛み、実は鎮痛剤を飲んでも効かないという人が多く悩んでいる女性も多いそうです。

その原因は耳にあります。

耳にある「内耳」で気圧や天気の変化を感じとり交感神経が活発化した場合、

三半規管などにも影響を与えている場合が多いので鎮痛剤ではなく三半規管を正常に戻してくれる

酔い止めの方が効果を感じられると言われています。

ただし、化学医薬品を常用すると副作用でますます薬漬けになるので、

対症療法では漢方薬を使いましよう。

その他、自律神経の乱れ以外の原因としては気圧の低下によって血液循環が悪くなることも

考えられます。

気圧の低下から、体のあちこちが膨張。

血管が膨張して低血圧になったり、頭の血管が膨張することで頭痛が起きたりします。

また、血液やリンパ液など全身の流れが悪くなり、体調不良が起きるとも言われます。

気圧の関係で血液の流れが悪くなります。血液の滞り、瘀血が。

そこで血液をさらさらにして、自律神経のバランスを調節してくれる優れもの、

1等級三七人参を活用しましょう。

さらに体調が悪い方には乏憂草製剤で副交感神経を優位にする必要があります。

またしんどいからとじっとしているとますます体調が悪くなるのでからだを動かすか、

天気に負けない体作りを!自律神経を整えるための対策

自律神経は日頃から乱れないように整えておくことが大事です。

また、ホルモンと自律神経は関わりが深く、自律神経が乱れればホルモンバランスも崩れるため、

女性は注意が必要です。

特に更年期女性など、ただでさえホルモンバランスが崩れて自律神経も乱れがちな人は、

症状もひどくなる可能性があります。

○朝起きたら必ず太陽の光を浴びる

早寝・早起きが大切です。太陽が昇ったら起きて、沈んだら寝る、自然なリズムが大切。

○ウォーキングなどの運動を心がける

 自律神経のバランスを整えるためには運動も必要です。

といっても激しい運動ではなく、ウォーキングなどの軽い運動で十分です。

ウォーキングなどの有酸素運動は副交感神経の働きを優位にしてくれるので、

自律神経のバランスが整いやすくなります。

「歩く時間がない」という人は自宅でヨガをしたり、通勤時に1駅歩く、ゆっくりと呼吸をしながら

歩くだけでも副交感神経のバランスは取りやすくなります。

よく仕事が終わってからジムに行って運動をする方がおられますが、これは逆。

時間がある方なら午前中に行くのならいいですが。

なんでも運動をしたらは間違いです。

ちょうど製薬メーカーが治療薬を出すのと同じで治す薬ではなく対症療法で薬が薬を呼ぶのと同じ

パターンで金儲け主義と言わざるをえません。

○ゆっくりと湯船につかり心と体をリラックス

 入浴する時、38~40℃のぬるめのお湯につかり体を温めると心と体がリラックス状態になります。

心がリラックすると副交感神経のバランスが良くなり、さらに心も体もリラックスしてきます。

よく「代謝をあげるため」といって熱いお風呂に入る人もいますが、

これは知らない間にストレスを感じて交感神経が活発化してしまうので、身体にストレスを与え、

寝つきが悪くなる場合もあります。

自律神経を整えるためには熱めのお風呂は適していないので、

ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

○しっかりと睡眠をとる

 睡眠はリラックス状態になるので、副交感神経が優位になります。

そして眠ることで交感神経を休ませることもできます。 

体も心も休ませるためには7時間以上の睡眠が最適と言われています。

「私は短時間でもしっかりと休めている」という人もいますが、

体を休めていても心や交感神経は十分に休息が取れていない状態なので自律神経は乱れやすくなります。

なってから治すのではなく、ならないようにが大切です。

 

※健康管理には(健康で長生きをするには、活血と補腎が大切です)!

1日で朝活血・昼健脾・夜補腎をすることにより、

病気の重症化・大病を防ぐことが可能に。

病は「不足」「停滞」「腸相悪」から発生します。

不足は陰(血・津液・精)と陽(気)

停滞は気滞血瘀痰湿

1日に3パターン行うのが理想ですが、2パターンの組み合わせでも可能

朝に活血、夜補腎、昼健脾を

また体調が悪いときは朝・昼・夜を合わせて飲むとさらに効果が(不良時)

※朝 活血 朝は、一日の始まり。身体を動かし始めるとき。

     身体の中も起きないといけません。

     活血剤で、これから動こうとする身体を後押しします。

     1日のスタートが楽になります。

    もちろん朝起きたらお白湯を沸かし、お白湯200mlを飲み

   温かい飲み物で内蔵を刺激しましょう。

   その時に活血剤を合わせてお飲みいただくとさらに効果倍増に。

   夏場ほど温かい飲み物が大切ですね。

   1等級三七人参、冠心逐瘀丹、等で気の巡りを。

※昼 健脾 昼過ぎになると何かとパワー不足になります。

     パワーを補給するのは補気薬や飲む点滴を補充(カソリンを補給)

     正午は陰陽の境目

     身体のバランスを整えるのに一番いい時間なんです。

     ガソリンを補充するかしないかで1日の後半が違ってきます。

     ビーレバーキングやBSカキ肉エキス等でエネルギーを補充。

※夜 補腎と腸相改善 補腎剤は、身体の細胞、ホルモン分泌を促進させるもの。

     身体をゆっくり休める睡眠時にジワジワ効かせます。

     寝ている間に身体の立て直しを行います。

     鹿茸大補湯、仙寿健康丸で補腎が大切です。

     そして寝る前に乳酸菌FK-23菌をのみ寝ている間に腸相改善

わかりにくいでしょうから

朝に 1等級三七人参、冠心逐瘀丹、等で気の巡りを良くし

昼に 飲む点滴のビーレバーキング、療方升陽、

BSカキ肉エキス等でエネルギーを補充

夜に 身体の元を改善する補腎剤 鹿茸大補湯、仙寿健康丸、で老化予防

   乳酸菌FK-23菌で腸相改善

健康管理のみならず、酵素たっぷりな麦緑素で腸相改善を合わせて、若返り、病気知らずと、

老化予防(ボケ予防と足腰丈夫・眼にも)

もちろん程度ではぶいてもいいんですよ。

子宝対策にも最適

ですね。(夜10時に就寝も)

皆さん毎日コツコツお飲みいただいています。

詳しくはモリタニ薬店にご相談ください。

※健康に1万円か、

治療に100万円を選ぶびますか?

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

忘憂歓           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/133/p-r-s/

酵素たっぷりな麦緑素  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/

LB16(複合乳酸菌)    http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/94/p-r5-s/

乳酸菌-5000生酵素Plus   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/

牡蠣(カキ)肉エキス粒       http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/135/p-r-s/