お仕事や趣味でパソコンを使う機会が多いのではないでしょうか?

「仕事でパソコンを使うから、目が疲れる」 最近、私の周りでもそんなセリフを頻繁に耳にします。

近年、視力低下や目のトラブルが急増している原因の一端は パソコン利用者の急激な増加にもあると、考えられています。

パソコンだけではありません。 近頃は携帯電話やスマートフォン、タブレット。

一日中、何かの画面を見ているという人も多いはず。

そんな人は、目を酷使していることはもちろんですが、 もう一つ、血流を悪化させていることも大きな問題です。

血の流れが悪くなってしまうことが目の健康に大きな害をもたらします。

視力低下だけでなく、眼精疲労や緑内障も血の流れに大きく関わりがあると 考えられています。

多くの眼科医師は、患者から視力の低下を相談されると パソコンやスマホを使う時間や頻度を減らすように指導します。

それ自体は間違っていることではありません。

でも、 「画面を見る」ことと「目が悪くなる」ことは 別の話です。

多くの人が「視力が低下したのはパソコンやゲームのせいだ」 と思い込んでいます。

でも、実はそれだけでは 人間の目はそんなに悪くはならないのです。

原因の大部分は他にあります。

また、眼科では一旦下がりはじめた視力は もう戻らないというスタンスで治療が行われます。

それってもう、治療ではありませんよね? ところが……、

目は「見る」という行為では 疲れないし、悪くもならないと考えています。

視力低下だけでなく、眼精疲労、ドライアイなどの 目のトラブル、諸症状は「見る」という行為のせいではありません。

そもそも、目は見るための器官ですから見る行為で悪くなるようなことは ほとんど無いのです。

では、なぜ視力低下が起こるのでしょうか。

それは「目の使い方を間違えている」から。 そして、「全身の血のめぐりが悪くなっている」からです。

西洋医学だけではなく東洋医学を源流とした 「ホリスティック」という人間の全身のバランスを整える 目は内臓の信号です。

肝腎要というように、身体の水はけを良くする、

血流をよくすることが大切です。

※知り合いで眼で悩んでいる方に教えてあげてくださいね!!

辛く~!とっても気になる  目の悩み解消できま~す!

なみだ目・かすみ目・視力減退・仮性近視

飛蚊症・白内障・緑内障・網膜症・黄斑変性症・・・

目はからだの一部です。だから発症する原因は内臓からくる場合が多く、

特に肝臓や腎臓が病気でなくても老化や負担をかけ過ぎると、目の症状となって現れるのです。

目はからだの一部です。だから発症する原因は内臓からくる場合が多く、

特に肝臓や腎臓が病気でなくても老化や負担をかけ過ぎると、

目の症状となって現れるのです。肝臓の弱りを改善させる。

肝腎要といい肝腎改善。

目は多くの栄養を必要としますが、自分ではつくれません。

肝臓のつくった物を目に供給するのです。

目の症状は肝臓の弱りによる目の栄養失調状態が原因です。

  • 血液の流れを良くしてやる。血液さらさらで病なし。

いくら肝臓がしっかり働いても栄養の供給ルートとなる

血液が流れにくいと、目にしっかり行かず、結果的に目の

栄養失調状態となり症状が出るのです。

  • 腎臓の弱りを改善させる。水分過多×

眼球の中の硝子体というゼリー状の物質があり(魚の目のとろっとしたもの)

99%が水分ですが腎臓が弱くなると、硝子体の水の代謝がわるくなり、いわば

水が古くなると濁った状態になるのと同じとなり、症状が出るのです。

※ビタミンB1,ブルーベリー、ルテインは目薬同様一時的なものです。もっと根治対策を!!

活性酸素を抑えることは当然ですが、

  • -③もきっちりと行わないと、特に加齢による症状は治りにくい。

(コツコツ根気よく飲む)。※40歳を過ぎたら定期的に眼科検診を!!

飲む目薬アイリタン、滋腎明目湯、1等級三七人参、ショウキT-1等で肝臓・腎臓の働きを良くし、

ショウキ温灸で目の奥の血流を良くしましょう。

花粉症で抗ヒスタミン剤の常習は眼にはよくなく、緑内障などにもなりやすいので

アレルギ-は腸相改善でならないようにすることが大切です。自分で病気を作らないようにしましょう。

そして温活です。

寒い時はもちろんですが、年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

40℃の入浴習慣で身体をリセットすることが大切です。

入浴時も薬用入浴剤のまんのう湯なら一般の入浴剤の10倍の効果があります。

温活も身体の芯まで注熱しましょう。

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)