おすすめ本:
顔を見れば隠れた病気がわかる(内臓の不調を自分でチェック)
 三浦直樹 著
そういうことなどから体調不良などは
体に傷を与えると病気が出る
若い人は耳にピアスを良くしていますが怖いんですよ
耳にピアスを開けるのも病気を作る事にもなるそうですね。
相関する後頭部にダメ-ジを可能性もあります。
頭部のほかにも腕の痛みを訴える人は手に相関する部位に、
足の不調を訴える人には足に相関する部位にピアスの穴をあけているものが多いと。
ピアスに注意!!
自ら病気を作らないことも大切ですね。
なぜなら病気は気の流れを悪くしています。
すべてのピアスは気の流れを妨げる。
ボディピアスの数が減るごとに体調が改善されていかれる。
そんなケースが多く、ますます確信を深めています。
体調不良と自律神経とピアス
ずっと怪しい。と思っていたんです。
チェック(白地) ピアスホールが3つ以上
チェック(白地) ピアスホールを拡張している
チェック(白地) 耳たぶの向こうが見えるようなピアスをされている方
チェック(白地) 穴と穴を繋ぐような形状のピアスを好まれる方
チェック(白地) 夜寝るときにアクセサリーを外さない方
自ら自律神経系のトラブルやうつやパニックが多く、
その方たちは気の流れを悪くして3年以上の薬剤の服用をされている方が多い。
そして、
ボディピアスの数が減っていく毎に、
心身のコンディションとお肌の状態は上向いていく。
ボディピアスを着用され、精神薬を服用されている方に、
まぁ、1週間取ってみなさいって。
そんな立派に開いた穴、1週間では塞がらないし(小さくはなるとは思うが)
でも、ピアス外すだけで、苦痛と症状が軽減するならラッキーでしょう。
背中の痛みや昼夜逆転や気分抑圧感や
不安や心配が軽くなるかもしれない。
薬を飲んで、副作用で医原病が次から次へと出てくる
そんなパターンから抜け出すきっかけとなるかもしれない。
試して損はなし。
充実の睡眠をとれるようになり
 背中の痛みもなくなり、
 倦怠感が無くなり、
 ハッピーを感じなれるように!
 自然とジャンクフードに手が伸びなくなった
 服用されていたお薬の数も半分以下
になった方が多い。
その方々がおっしゃるのは、
「頭の中がスッキリしている時間が増えた」
「耳の後が楽」
ということ。
学生がやめたら学力が上がったと。
自分が思っているおしゃれを取るか健康を取るか
あなたなら