夏場過ぎに発作が増えるとされる痛風。

痛風は食物に含まれたプリン体が体内で尿酸に変わり、

関節などに蓄積して激しい痛みを引き起こす。

これを防ぐには服薬や食事制限が必要だが、臨床試験の結果、

特定の乳酸菌がプリン体に作用し、

血清尿酸値(血中の尿酸濃度)の上昇を抑制することが明らかになった。

痛風やその前段階である高尿酸血症の患者は年々増えており、

新たな対応策として注目されている

プリン体は人間の活動に必須の物質である上、

食品の「うま味」成分にもなっている。

食品を通じてプリン体を多く取っている人は血清尿酸値が高く、

痛風や高尿酸血症になりやすい。  

特に、夏場は発汗による脱水や、尿酸の排出を阻害するアルコールの摂取量も増え、

痛風の発作が起きやすくなると考えられる。

発作が起きなくても、尿酸値が高めだとメタボリックシンドロームや他の合併症になる恐れがある。

乳酸菌FK-23菌が抑制効果が明らかになった。

乳酸菌FK-23菌は体内でプリン体を分解するとともに、

自らの栄養として消費することから、プリン体が減少し、

尿酸値が抑制されたとみられる。

厳しい食事制限を長期間続けることは難しい。

乳酸菌FK-23菌が食事制限のストレスを改善すること。

もちろん温活は必要不可欠ですね。

痛風のみならず、血液の汚れは体を燃焼させていないか、美味しい物の食べ過ぎです。

1等級三七人参を飲んで、乳酸菌FK-23菌で腸相を改善して体温をアップさせて、

身体を燃えやすくすることが大切です。贅沢病ですね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

酵素たっぷりな麦緑素60包   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/

LB16(複合乳酸菌)    http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/94/p-r5-s/

乳酸菌-5000生酵素Plus   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/