血液と動脈硬化の関係

動脈硬化は加齢とともに進行する血管の老化です。

でも急に起こるわけではなく、若いころから始まり、

自覚症状として表われてくるのは大体40歳を過ぎる頃からです

(中にはあまり自覚症状を感じられない方もおられますが)。

しかし血管は日々衰えていきます。

生まれたての血管の詰まりは0%、20歳で20%、40歳で50%、60歳で75%、

次第に血管にコレステロールや中性脂肪などがたまり血管が弾力(柔軟性)を失い硬くなり、

血液の流れが悪くなって、血栓など引き起こしやすくなります。

タバコを吸う人は実年齢から10歳は加齢していると思っていてください。

やがて心筋梗塞、狭心症、脳梗塞や脳出血などへ進み、大変な事態になりかねません。

一等級三七人参は血液の流れを良くし、

心臓や血管への負担を軽減し、

血清コレステロールや中性脂肪を減少させ、

血液の環境を良くします。また脳への血流が悪くなり、

物忘れ・痴呆症等の発症対策にも、血液さらさらに、

脳への血流を良くする必要があります。

不測の事態になる前に一等級三七人参を予防や改善にお勧めします。

※一等級三七を飲むだけでなく、身体を温めて血管を拡張させ、酸素が隅まで行き渡らせると

効果は倍増に。血液さらさらで病なし。身体を温めると病気は治り、免疫力アップ!!!

特に夏場ほど身体は冷えやすいので、冷たい飲み物をやめ、お風呂もゆっくり入浴を。

シャワー習慣は病気をつくる元。

最近の若い方はもちろん年配の方もシャワー習慣が多いので生活習慣の見直しも大切ですね。

朝鮮人参と三七人参は。同じウコギ科に属する植物ですが産地と働きは違います。

朝鮮人参は比較的寒い地域で作られますが、三七人参は暖かい地域で出来ます。

日本において朝鮮人参は昔からよく知られていましたが、

一等級三七を知られるようになったのは最近のことです。

一等級三七の特徴は何と言っても「血をきれいにすること」

一切の病は血の汚れからといわれ、血をきれいにすると流れもよくなり、

身体も元気に病気になりにくくなります。

一等級三七は、どのような方でも飲めますが特に

高血圧、高脂血症、糖尿、

うつ、認知症、不眠、肩こり

自律神経失調症、腰痛、狭窄症

肝臓の数値、免疫力低下、

等が気になる方、お試し下さい。

夏こそ温活というのはそういった事の予防対策の為。

そして温め血流を良くすることがお肌もしっとりきれいになります。

病気対策でいう元栓を閉めましょうというのがこのことにあたります。

特に腸相が悪い方は効果が悪いので腸相改善も大切です。

一等級三七人参と酵素たっぷりな麦緑素を長らく飲まれている方は血管年齢は5~10歳若いですね。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

酵素たっぷりな麦緑素  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/