最近、肩こりの悩みが急増しているそうです。目のトラブルは内臓の信号です。

あなたは大丈夫ですか?

肩こり急増の背景にあるのはスマートフォンの急激な普及。

電車やバス、喫茶店やレストラン、周りを見渡せば、みんなスマホを触っていますよね。

問題なのは、その姿勢。 背中を丸めてわずか2、30センチ先の小さい画面に一生懸命。

肩こりの原因は、長時間同じ姿勢でいることでその部分の血行不良と老廃物の蓄積。

スマホに機種変更してから肩こりが酷くなった……

そんな自覚のある人は少し気をつけた方がいいかもしれませんね。

肩こりは「疲れ目」の原因になります。 疲れ目は、酷くなると眼精疲労に。

そして、「視力低下」の原因にも。

こめかみをギュッと押さえてみて下さい。 ちょっと痛いと感じるようなら要注意です。

とはいえ…… 肩こりはなかなか治りませんよね。

血行改善なんてどうしたらいいか…… でも、ご安心下さい。

これからしばらくの間、目の健康に役立つ情報を発信していきたいと思っています。

肩こりを解消し、血行促進。 スマホ疲れの目がスッキリする簡単な方法のいくつかをご紹介します。

肩こりは、それ自体がツラい症状であるだけでなく血行不良の警告サインでもあります。

肩がこるということは、血の巡りがおかしくなっている証拠。

身体の各部分に酸素や栄養素がうまく行き渡っていないうえに

老廃物がうまく流れていないことを意味しています。

とくに、「目」や「脳」のような、大量の血液を必要とする器官に対する影響は深刻です。

たとえば… あなたは最近、肩こり症状のほかにもこんなことに心当たりはありませんか。

● 集中力が続かない

● 頭痛がする

● 記憶力が衰えた

● 睡眠不足

● 目がかすむ

● イライラすることが多い

● 疲れがなかなか抜けない もしも、心当たりがあれば要注意です。

血行不良からくる「脳疲れ」そして「眼精疲労」の前兆かもしれません。

少なくとも、目や脳への血液循環、酸素循環が悪化している可能性があります。

その一つの原因が姿勢の悪さからくる肩こり症状です。

スマホやパソコンを使う機会が多い人は猫背になりやすいといわれています。

猫背で長時間作業をしていると、首に負担がかかり続け、慢性的な肩こりを引き起こします。

さらに進行すると精神的な病や内臓などの疾患、視力低下の原因にもなります。

一刻も早く「猫背」を解消してください。

そこでオススメしたい方法がこれです。

まず、座っている時に下っ腹に力を入れてください。

ちょうど、肛門をギュッと閉めるような感じです そのまま、15秒くらいかけて長くゆっくりと

息を吐いてみましょう。

息を吐ききったら今度は普通に息を吸います。

一日何度でも気付いた時にやってみてください。

しばらくすると、猫背が解消され、ずいぶん肩こりがマシになるはず。

肩のこりがほぐれると脳や目に届く血液や酸素の量も改善され滞っていた疲労物質も流れ始めます。

オフィスや学校、テレビを見ながらでもできる方法ですのでやってみて下さいね。

目と脳の疲れや不調の原因に肩こりが大きく関わっているのはお話したばかりです。

肩甲骨のこりをほぐす方法をご紹介します。

まず1等級三七人参をお飲みください。

血液をさらさらにしてからですね。

頭、首の後ろから肩にかけて、背中の上の方、首の付け根などなど、肩こりは結構、

広範囲にわたって起こります。

とくに肩甲骨はパソコンやスマートフォンを使用しているとこる場所の代表格。

しかも、自分ではなかなかケアすることのできない場所です。

そこで、こんな方法です。 まず、右ひじを曲げ、右手を右肩につけます。

そして、そのまま右肩から右手が離れないように意識して右ひじでできるだけ大きな円を描きます。

前まわし、後ろまわし。 ゆっくりと、できるだけ大きく。

回数は気にしなくても結構ですが大体、10回転くらいが目安でしょうか。

右の次は、左でも同じようにやってみてください。

ただし、肩の関節に問題があると、痛みを感じることがあります。

その場合は、無理をしないで下さいね。

この方法なら仕事や勉強の合間にでもカンタンにできますよね。

3日もやれば、肩甲骨の周りが柔らかくなっているのが実感できるはずです。

肩こりを改善して血行を促すことは、

目の健康に非常に大切なことなので それをお伝えしたかったのです。

とくに最近、視力低下に悩む人が増えています。

それにはパソコンやスマートフォンの普及が少なからず影響しているのは言うまでもありません。

でも、多くの人はその原因を「画面を見ること」だと思っています。

もちろん、それも原因の一つであることは間違いないでしょう。

小さな画面を数十分、あるいは数時間に渡って凝視し続けることは

目を酷使しているのですから、疲れは出て当然です。

でも、私はもっと大きな心配事として目と脳の血行不良を考えています。

血液は言うならば運び屋。 細胞に酸素や栄養をあげて、不要なものを引き取ります。

つまり、血流が悪いとこの働きは鈍くなってしまうのです。

酸欠で栄養不足の上に不要なドロドロの老廃物が蓄積されてしまいます。

目の中、脳の中でそれが起こっていることを想像してみてください。

そんな状態ですから、目が疲れたり、視力が低下したり、

他の様々なトラブルが起こるのも当然ですよね。

モリタニ薬店では目に酸素を送るサメミロンや

血液をさらさらにして目の細胞に酸素・栄養を送る

1等級三七人参をご使用いただき効果をあげています。
さて、そこで今日は、肩こりから離れ目と脳の血液循環を促す方法を 一つご紹介します。

これはとっても簡単です。 なんて言ったって、あなたがすることは普通に寝るだけ。

ただ、寝る前に一つ枕、もしくはタオルなどの塊を足元に置いてください。

そして、その上に足を置いて少し足を上げた状態で寝るようにしてみましょう。

要するに「足マクラ」です。

睡眠の時に足の高さを心臓よりも高い位置にしておくことで、

下半身に溜まった血液やリンパ、 疲労物質を心臓に戻しやすくする効果が期待できます。

でも…… 目の健康のために足の血行って関係あるのでしょうか。

人間の血液はご存知の通り心臓から送り出されて心臓に戻ってきます。

どんな末端の血管も、最終的には心臓につながっています。

ですから、どこかの血行が悪くなってしまうとそれはその場所だけでなく、

他の場所の血行にも大きく影響してしまうのです。

中でも、下半身は重力の関係もあって血液が滞りがちです。

足の血行、ふくらはぎから下の血行を促すことで、身体全体の血行を改善します。

そして、足と同じく心臓から最も遠いところにある

目や脳の血行も、かなり改善されるというわけです。

「足マクラ」はそのためにもかなり有効な手段です。

もちろん、リラックス効果も抜群。 身体全体の血行が促進されますので

目や脳以外の内臓も元気になり気分的にもスッキリします。

足をマクラに乗せるだけで簡単に改善できるんですから、ぜひ、やってみて下さいね。

そして飲む目薬と呼ばれる漢方薬、こめかみのショウキ温灸、

目の奥の血流を良くする1等級三七人参ですね。

そして温活が大切ですね。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談ください。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

アイリタン      http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca8/78/p7-r-s/

ショウキT-1  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/