子宮筋腫

子宮筋腫の本当の原因は解明されていないことが多いのですが、

西洋医学の世界では、

子宮筋腫の原因として女性ホルモンの働きが大きく影響していると考えられています。

漢方医学の世界では子宮筋腫の原因は、

子宮筋腫の原因は大きく分けて2つの原因からくるものと考えられているようです。

  • 気滞り
  • 血瘀

「気滞り」というと考え方としては言葉の意味通りで良いみたいですね。

滞りっていうのは「物事が順調に進まない」って意味だから、気が順調に進まない。

すなわち、ストレスなどが原因で気の流れが悪くなることから。

「気滞り」というと考え方としては言葉の意味通りでですね。

さらにストレスから血液をドロドロにするので、病気の元なんですね。

もちろん腸相悪=便秘も最大の敵。腸相改善で病気は治る。

血瘀は、血の流れが悪い状態を示す言葉。

一般的な表現で言うと、血行障害、血液の滞りなんです。

子宮筋腫の原因の中には子宮の血行不良も言われているので、

同じような意味を指すのかもしれませんね。

要するに、漢方医学(中医学)では子宮筋腫の原因は、

「気」と「血」の流れが悪くなることによって

起きる病気という認識。

西洋医学でも子宮筋腫の大きさや症状によっては、経過観察をする場合も多いですね。

治療となると、薬物療法や手術療法などがあります。

西洋医学の薬物療法は副作用を伴うこともあるし、

薬物治療では子宮筋腫が消えてしまうことはないと言われています。

また、手術で子宮筋腫を摘出したとしても直ぐに筋腫が出来てしまうことも多いですよね。

完全に筋腫を治すためには子宮ごと全摘出するしか方法はないと言われます。

どんな病気でも原因がしっかりと特定できれば、その解決策(治療法)も見つかるけど、

原因が明確でない病気って結局、対症療法になりますね。

子宮筋腫に有効とされている漢方薬も、子宮筋腫を完全に治すという感じではなく

「気」と「血」を漢方の力で流すことによって子宮筋腫が小さくなる可能性があり、

小さくなることで閉経まで持って行くみたいなイメージがたいせつです。

もちろん良性腫瘍という考えからはヨクイニンも縮小させる効果があります。

子宮筋腫の原因は、「気」と「血」の流れが悪くなることから、

1等級三七人参がその両方に効くのです。

自律神経のバランスを整え、血液をさらさらにして血瘀を取るからですね。

もちろん身体を冷やすことは、気の流れを悪くするし、血管を縮小させ血液の流れを悪くし、

さらには血液の滞りを作るので、ヨクイニンに1等級三七人参を飲み、

温活が大切です。

血液さらさらで病なし。

体を温めると病気は治ります。 

夏場ほど温活が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、

特に汗をかいたらシャワーではなくお風呂につかることが大切ですね。

温活は必要不可欠なんです。

温活を欠かさない事が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、そして歩きですね。

血液さらさらで病なし、身体を温めると病気は治る。

温活か大切ですね。年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)

店内でショウキ温灸の無料体験も出来ますよ。

※漢方治療は、モリタニ薬店にてご相談の上、病気の元栓を閉めましょう。