今日のネットでの記事

巨人ナインが“三禁”で体内時計を調節し、CS第1S突破へ動き出す。

8日からのDeNA戦(東京D)は、3試合ともデーゲームで組まれている。

今季、レギュラーシーズンのデーゲームは21勝19敗1分けと勝ち越したものの、

各自がさらにコンディションを上げる余地はある。

伊藤トレーニングコーチは「体内時計を合わせるためには、

入浴や質の高い睡眠、食事が大切になる」と説明し、3つの禁止令を下した。

 

《1》入浴は湯船に。シャワーのみはダメ シャワーで軽く汗を流すだけでは疲労回復には

つながりにくく、しっかり湯船に体を沈めることが必要になる。

 

《2》就寝直前のスマホ、パソコン使用はダメ スマホやPC画面からの光を夜間に浴び続けると、

眠りが浅くなりやすく熟睡できない。

 

《3》朝食抜きはダメ 睡眠によって体内のエネルギーが消費されているため、

朝食でしっかりチャージすることが、パフォーマンスアップにつながる。

 

こんなの当たり前でしょう?

普段から出来ないことの方がおかしいですよ。

こういう生活を特に若い人はできていないから病気を作り出したいます。

 

さらに言うと温活で、お白湯習慣が大切ですね。

テレビを見ていてもダッグアウトでみんな冷たい飲み物をガブガブ飲んでいるようではね。

ポットを用意して温かい飲み物が大切ですね。

またよく氷で肩を冷やしているけれど、終わったらすぐに風呂につかり、血行を良くした方が

肩の回復も早いのにね。

 

抑えの澤村最近よく打たれて、先発の勝利を不意にしていますよね。

速球とフォークではね。早い球だけでなく、カ-ブそれも速度の違う2種類を増やすと

つかみにくくなるのにね。

僕がピッチャ-ならね。