モリタニ薬店では、時間をいただいて、問診・舌診・血流測定で体質に合わせた漢方薬や

生活習慣・食生活習慣をアドバイスして喜ばれています。

薬は身体に合ってこそ効くものです。

健康相談では、お客様の症状はもちろん今までの症状経過や生活習慣などお伺いし、

一人ひとりにあったお薬をお選びします。

また、漢方薬のことだけでなく、食事・生活・心の持ち方を変えていくことで、

症状の改善ははるかに行いやすくなります。

健康の対策

  1. 寝不足、便秘、下痢の改善
  2. 病気は今までの生活の裏返し、反省するための心得
  3. 薬は手助け、食・生活養生を見直し、気持ちの持ち方、仕事の質、量を考えましょう。

早期相談できにしなくても過ごせる、嬉しい毎日を

○ダイエット

   今までに色々試してみましたが、長続きしませんでした。

   少し血圧も高めでむくみもありました。

   小食の食習慣とバランスの取れた食事内容で、身体も疲れず快調です。

   10日に一回の訪店の計量の結果が励みになりました。

   40日間で体重がマイナス6.0 kgで体脂肪量が3.0 kg、水分量が2.2 kg減りました。

   朝むくみを感じていたのがなく、血圧も安定、医者からの投薬が半分に減りました。

   周囲のみんなから若くなったね!スッキリしてきれいになったね!と言われ嬉しい毎日です。

○便秘

   長年の便秘、一週間も排便がなくお腹が張って苦しく、トイレの時間も長くなってしまう。

   食欲も落ちて体が疲れる。何をやっていてもお腹の事が気になる。

   モリタニ薬店で相談「大丈夫です。

   明日の朝どっさり出ますから先ずお腹にたまっている便を出しましょう。」と

   腸相改善する商品と腸を動かすのを助ける漢方薬を飲んでみた。

   言われたとおり、おなかの中に入った便が全部でたかと思うほどどっさりでて、

   とてもスッキリしました。

   それからは毎日気持ちよく食事も美味しく、便の事を気にしていた事が嘘のようです。

○関節の痛み

   ひざが痛くて階段を昇るにも手すりがなければダメでした。

   今では手すり無しで階段の昇り降りも出来るようになり、

   痛みも取れました。温活大切です。とても感謝しています。

○痔

   長年の痔主 毎朝のトイレが怖いほどに排便する前に痛みがあり排便後に

  便に血がついてくる。 まず、排便の時のりきみが良くないとのこと。

  痔は肛門のしもやけと言われ、

  漢方薬を体にあわせてもらい服用。しばらくすると、

  今までトイレが長かったが一分で、りきまなくても排便出血も以前よりずっと少なくなり

  トイレが怖くなくなった。

痔の3大改善法

1.局所洗浄

  局所をいつもキレイに保つことで、痛み・出血を忘れるようになります。

2.血液改善

  1等級三七人参で肝臓の働きを良くし、おしりの静脈の血液をサラサラとよく巡るようにします。

3.便性改善

  酵素たっぷりな麦緑素や乳酸菌FK-23菌で腸相改善と動きを良くし、

 形がよく・やわらかい便を作り、まずツルンと一分ででるようにします。

○子宝

   高齢になり、あきらめようかと思っていましたが、最後に漢方を試してみようと思いました。

    モリタニ薬店よりまず身体作りをしてみてはといわれ、

   もちろん子宝対策は男女50%責任があるとのことで、

   主人にも、夜は早めに休むように心がけ

   身体を冷やさないように心がけました。

   そして私と主人に合った漢方薬等を服用6ヶ月後に妊娠している事が分り、

   翌年42歳で女子を出産しました。つくづく身体作りが大切な事が分りました。

   精子と卵子が受精着床し、その上、おなかの中で十月十日育む事のできる

   『身体作り・細胞作り』が大切です。

   着床しにくい方、流産を繰り返す方も諦めないで御相談下さい。

○疲労

   疲れやすい寝つきが悪いといった症状は、高血圧や歳のせいだと決め付けていました。

   友人に勧められて、モリタニ薬店に相談しました。

   すぐに薬を紹介してくれるのかと思いきや、まずは食事や睡眠の生活を見直しからはじめ、

   そこに漢方薬を併用することにしました。

   半月くらいから疲れにくくなったと実感。寝つきも良くなりました。

   もともと大食いで、冷たい食べ物、飲み物が好きだったので食事の量を減らし、

   温かい飲み物ばかりでは不安でしたが、

   今となっては「自分は食べ過ぎて、身体を冷やしていた」 

   ことに気付きました。

○肥満

   お腹がぽっこり出て、靴下がなかなか上手に履けなく、足の爪が上手に切れません。

    少し動くと動悸・息切れがして、このままではいけないと思い

   ダイエットのチラシを見て、モリタニ薬店に相談しました。

    無理のない食事内容でそんなに辛くもなく、健康に良い小食の食習慣・

    バランスの取れた食事のと り方になりました。

   1週間毎にお店に行き、体重・体脂肪などを量ってもらいました。

   そのお陰で、4ヶ月でマイナス15.1 kg脂肪が落ちました。

   不思議と、体水分量は減らず、顔にしわが出ません。 とても身体が軽くなりました。

   靴下も爪きりも嘘の様に楽になりました。

○更年期障害

   更年期は「からだ」と「こころ」の両方に色々な症状が起こります。

    頭痛、肩こり、めまい、だるさ、カーッと汗が噴き出す、イライラ、不眠などなど、

   そのほとんどが生活習慣と食生活の悪さから起こるので、それらを改善し、

   自分にあった漢方薬を選ぶことで症状の緩和を目指します。

   更年期は自分の生活を見つめなおす「チャンス」なのです。

○補腎

   高齢化に伴い、男性では尿がでにくく、トイレが近くなります。

   女性では尿漏れといった症状も多く見られます。

   このような排尿障害を改善して生活の質を上げましょう。

   それには温活と補腎剤(鹿茸大補湯・仙寿健康丸)と

   1等級三七人参で血液サラサラが大切ですね。

   人から若いねと言われたいですからね。

漢方薬は手助けです。脱化学医薬品で自分の身体を守りましょう。

そして食養生(カタカナ食品からひらがな食品に)と生活習慣(早寝・早起き)

そして温活が大切ですね。

1等級三七人参+補腎薬(鹿茸大補湯)と耳とおへそへのショウキ温灸で

ストレス発散と温活が効果的です。

年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

40℃の入浴習慣で身体をリセットすることが大切です。

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)