身体の痛みのCMでの商品は漢方薬は処方名が変わっただけやし、内容を見ていた

画期的な配合みたいやけど一般のビタミン剤と変わらないのにね。たいそうな。

身体の痛みは細胞に酸素が届いていなく、細胞が死に、身体に炎症・痛みが発症します。

痛いと鎮痛剤・シップ剤は身体を冷やし回復を遅らせるだけですね。

腰痛緩和、あるいは防止を追求して生まれた腰痛用足枕。足のむくみ防止の効果もあります。

「足は第二の心臓」という言葉があるほど、人間にとっては大切です。

人間の衰えはまず足からはじまります。

また、足は心臓から最も離れているため、血液がたまりやすいのです。

足を心臓より少し高い位置にしてあげることで、足にたまった血液を動かし、

身体全体の血行を良くし、血液を循環させることができます。

血行が良くなれば、冷えが改善され腰痛の痛みも和らぎ熟睡できるので、

疲れも取れ目覚めも良くなります。

さらに、足のむくみの解消にもつながります。

布団はあまり柔らかすぎると腰が深く沈んでしまうことにより、

背骨もそれなりに曲がり、結果として椎間板の神経を圧迫する可能性が高くなるので、

やわらすぎる布団はやめた方が良いです。

また、枕は、あまり高すぎると、両肩が布団の位置から離れ、

それが、頭と首に負担がかかって首周辺が緊張状態になって寝ずらいだけでなく、

背骨にも負担がかかって、椎間板の神経を圧迫する可能性が高くなりますので、

「両肩がしっかりと布団に接する高さ」の枕にした方が良いと思います。

腰枕は、やって気持ちがよければ構いませんが、もし、やるとしても、長時間ではなく、

ある程度、痛みが治まったら外した方が良いと思います。

腰枕のまま、寝てしまうというのは駄目です。

筋肉は休んでいると、どんどん縮んで硬くなってきます。

したがって、夜中におきた時や朝の起床時は、痛みが出やすくなっていますので、

いきなり起きようとせずに、両方の手のひらで、

両方の腿の外側からお尻の外側にかけてなんどもさすってみてください。

こうすると、リンパの流れが良くなり、腰周辺の温度もあがりますので、このようにしてから、

起きると痛みを軽減できることがあります。

また、起きる時は、まっすぐの方向ではなく、一度、体を横にした態勢からの方が、

腰への負担が軽くなり楽です。

朝のストレッチを行なう時も、いきなり行なうのではなく、最初の2分ほど、

軽い足踏みのウオーミングアップを行って、ある程度、体を温め、ストレッチ前にも、

両方の手のひらで、両方の腿の外側からお尻の外側にかけてなんどもさすってから行なうと

良いと思います。

漢方は、整形外科の検査では原因が特定できず、それほど強い痛みではないがつらい、

慢性的な腰痛に対して効果的といわれています。

整形外科にて処方される腰痛治療の薬は主に痛み止め(消炎鎮痛薬)であるのに対し、

漢方は、全身の血液循環を改善することで痛みを軽くするものなので、

体調をよくしたり、体質を改善する効果も期待できるとされています。

東洋医学では、気・血などのエネルギーや栄養物質が、

経絡(けいらく)という通路を通って全身に運ばれると考えられています。

腰痛は、腰部の経絡の流れが悪くなることで起こりますが、

その原因には以下のようなものがあります。

・腎虚(じんきょ)によるもの

腎とは、腎臓だけでなく泌尿器や生殖器なども含まれます。

加齢やストレス、過労などによって腎の気が不足することを腎虚と呼び、

腰部に十分な気が巡らないことで腰痛や下肢のだるさ、

排尿・排便困難などが起こると考えられています。

このような腰痛は、体を動かした際に痛みが強まり、慢性化しやすいという特徴もあります。

・血(けつ)の滞りによるもの

ストレスやイライラによって肝(かん)の気を傷つけたり

、脂分の多い食生活によって血液がドロドロになり、血の巡りが滞ると、腰痛の原因となります。

この血の滞りを「瘀血(おけつ)」と呼びます。

このような腰痛は、起床時に痛みが増し、体を動かすと緩和するという特徴があります。

女性の場合は、腰痛の他に生理痛、便秘、肌のくすみなどをともなうこともあるとされます。

・寒湿(かんしつ)によるもの

冷えや湿気などの寒湿の邪気が体に侵入すると、腰部の血流が阻害され、

水分代謝も悪くなって腰痛が起こるとされます。

お腹や手足の冷え、水分の代謝が悪くなることによる足のむくみなどの症状を

ともなうこともあります。

体質に合わせるために、モリタニ薬店では、お時間をいただき、問診・舌診・血流測定から

漢方薬、健康食品をご提案いたします。

もちろん温活が大切ですね。

温活なくして解決はしません。

またどうしてもの時には

NM21S 痛みのない快適な毎日をエンジョイ!

痛みのメカニズム解明から生まれた話題の商品です。

東洋的な考え方と西洋的な考え方に基づいて作られた健康食品です。

原材料名:乳糖、ロホウボウ、ハトムギ、キバン、ゴカヒ、ウショウダ、キャッツクロー、アリ、ケイケットウ、サメのヒレ、コラーゲン、コウコウ、カンゾウ、ベニバナ、マツバ、ケイヒ、山椒、ショ糖、脂肪酸エステル、ビタビンB1、ビタミンB2、ビタミンE含有植物アブラ、ビタミンB16、精製セラック、カゼインナトリウム

痛み系疾患に 非変性型コラーゲン?コンドロイチン?グルコサミン?効きますか???

 健康食品の90%以上は不健康食品です。

痛みは細胞に酸素が届いていないから発症!!

リウマチや痛風、神経痛などの痛み系疾患についてですが、

現在に至るまで増え続けている痛みの経験者は特に治療を要する程の痛みをかかえている人の

割合は男性で30 歳代~50 歳代が、

女性では60 、70 歳代が高くなっているそうです。

この増え続けている原因は何かと言うとストレス、不規則な生活習慣、偏った食事、

体の酷使などで、

その為に自律神経のバランスが崩れ、血流障害がおこり、肩コリ、

片頭痛から色々な痛みへと変化していきます

(特に冬は寒さの為、血管が収縮し緊張状態が続くため自律神経は崩れやすいです)。

1等級三七人参には自律神経のバランスを整え、血流を良くする働きがあります。

また肝臓の疲労を軽減し、交感神経の緊張を抑制し、痛みをやわらげていきます

(東洋医学では筋は肝がつかさどると言います)。

つらい痛みの改善や予防には、ぜひ1等級三七人参を考えていただければと思います。

痛いからビタミン剤、コンドロイチン等を入れるのではなく、血液をサラサラにして毒だしが大切ですね。

そして温め、毒出しをしましょう。 

体の冷え→血液どろどろ→しびれ→痛み→血液サラサラ→温活→体の痛みは消える

そこにいかなる鎮痛剤も体を冷やし、ますます治しを遅らせ、こじらせます。

年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

松康泉  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/38/p-r13-s/

NM21S          http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/96/p1-r4-s/

三井温熱治療器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/81/p-r11-s/

銀盤足温浴器   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/33/p-r11-s/