漢方の飲む目薬、目のトラブルは内蔵からの信号です。目薬では解決しませんよ。

「目は口ほどにものをいう」との諺がありますように、

「目は心の窓」と思えるほど人の気持ちが目に現われます。

目は感覚器の中でも大切な器官であり、

世の中の情報の8割は目を通して入ってくるといわれています。

漢方では、五行説から目の大元締めは「肝」とされていますが、

老化により視力が衰えるところから「腎」も関わっていると考えられています。

目のトラブルは内臓の信号です。

先年の大河ドラマの主役である「黒田官兵衛」。

その祖父の代につくられた玲珠膏(れいじゅこう)という目薬が、

黒田家の再興をはかったといわれています。

中味は播磨地方でとれる「メグスリノキ」を使ったもの。

目にいいものは肝にもいいという五行説の理論から、

一時慢性肝炎の民間療法としてよく用いられました。

玲珠膏というのは名前からもわかるように、軟膏状のもので、水で薄めて点眼します。

これで没落していたお家を復活させたのだから、かなりの評判があったことでしょう。

今回ご紹介する小太郎漢方の目の漢方薬は、飲み薬で目に直接さす液剤ではありませんが、

飲む目薬ということでかなりの評判をいただいております。

まず、第一にあげられるのは、皆様方に一番馴染みのある杞菊地黄丸です。

六味丸がベースになった腎虚(特に腎の陰虚)の薬で、枸杞子、菊花という2生薬を

加味したものです。

目には潤いが大切ですので、老化や目の使い過ぎにより目が乾燥しないように

水分(陰液)を補うのが目的です。現在は錠剤もそろっています。

次に、目は熱を嫌います。ストレスでイライラ興奮しても熱を持ちます。

特に、頭や目は涼やかなるほどよいとされています。

すなわち、このように炎症に強い漢方が、洗肝明目湯です。

当然細菌感染による炎症にも用いられます。

一般に炎症といえば発赤、腫脹、発熱、疼痛などの兆候を示します。

目の場合には目の充血(眼底の出血)、はれ、痛みなどとして現れます。

この処方の基本は温清飲です。

温清飲は一貫堂では慢性炎症によく使われるもので、

ほかに清熱薬や辛涼の解表薬がたくさん入り、

目の痛みやカユミなどの炎症を取るのを得意としています。

最後に滋腎明目湯です。

名前からするとこれも腎虚の薬のように思われがちですが、基本骨格は四物湯です。

この中の熟地黄(乾地黄も配合)は腎虚に働いて体を瑞々しくする作用があります。

本来、四物湯は肝血虚を改善するのが目的です。

目の使い過ぎや肝血が不足すると目に栄養が届かなくなります。

さらに目の炎症を取る菊花・蔓荊子なども配合されています。

浅田流では腎気明目湯といいます。

浅田流の流れをくむ京都の聖光園細野診療所では、この処方で目の難病を治し、

一時評判になったそうです。

眼科専門でもないのに、

目の難病を治してもらった患者さんの口コミで全国から眼科疾患の患者でごった返したと聞きました。

現在は目の病気といっても、眼底(網膜)の病気が増えて、

糖尿病性網膜症や加齢黄斑変性などで失明に至る方も少なくありません。

そんな時にまず試みるのが滋腎明目湯。漢方薬の健康食品のアイリタンも。

目の乾燥(杞菊地黄丸が適応)と炎症(洗肝明目湯が適応)を共に改善できる滋腎明目湯はまさに

目の漢方のファーストチョイスです。

東洋医学では、眼の病気は胆径が原因であるととらえます。すなわち血液の循環が悪く、

ストレスがあるのが原因です。

そこでショウキ温灸で曲鬢(きょくびん=こめかみ)、

目窓(もくそう=瞳の真上のラインで、眉毛の上から4寸5分)に

ショウキ温灸で注熱しましょう。眼がすっきりしますよ。

また眼のホットパックも。

そして意識的にまばたきや眼を動かしましょう。

天気が悪いとなおさら発散がないからお風呂で汗をかきストレス発散と、血流を良くしましょうね。

パソコン、スマートフォンで眼を酷使から守りましょう。

それだけでなく姿勢が前かがみになり、猫背になり、首の血流が悪くなり悪循環に。

日本は世界でも有数の、「近視大国」です。

そんな近視大国である日本の眼科ですら、

まだ、確実な視力回復法は 確立されていないのが現状です。

その原因は、視力低下を「目」のトラブルとしか考えていないことにあります。

……え?

視力低下って、目のトラブルでしょ。

今、そう思われましたか? 確かにその通りです。

でも、「目だけ」のトラブルではありません。

視力低下は、目のトラブルであると同時に 「脳」のトラブル 「血と血流」のトラブル

「自律神経」のトラブル でもあるのです。 例えば、 次のような症状に心当たりはありませんか。

・最近、集中できない

・肩や首がこっている

・頭痛がするようになった

・疲れがなかなか抜けない

・寝つきが悪い、不眠 年齢のせいかな…… なんて、とんでもない。

これらはみな、視力の低下と深い関わりのある症状です。

中でも、先ほどお話した、脳や血、血流、自律神経などが原因の視力低下と

大きな関連性があるのです。

視力低下は、目の病気であるとともに 脳や血管、自律神経の病気でもあります。

それだけではありません。

メガネやコンタクトなどで安易に視力矯正できるために 危機意識を持っていない人も多いのですが

本当なら、「自分の目だけでは、普段の生活もままならない」 視力が、どれだけ危険なものか。

少し考えれば分かりますよね。 これをこのまま放ってはおいて良いはずがありません。 肝・腎・要、

目のトラブルは内蔵からの信号ですね。

血液さらさらで病なし、身体を温めると病気は治るといいます。

飲む目薬の漢方薬と1等級三七人参で血液をサラサラにし、

ショウキ温灸で骨まで注熱しましょう。

もちろん温活が必要ですね。

夏場ほど温活が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、特に汗をかいたらシャワーではなくお風呂につかることが大切ですね。

温活は必要不可欠なんです。

温活を欠かさない事が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、そして歩きですね。

血液さらさらで病なし、身体を温めると病気は治る。

温活か大切ですね。年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)

店内でショウキ温灸の無料体験も出来ますよ。