子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症でお困りの方に朗報!!

※体は冷え→発熱→ドロドロ血→血の滞り→血栓→癌・難病発生!

血液さらさらで病なしといいます。体温は、女性は低温期で36.5℃以上なくてはなりません。

あなたの体温は? 

え~35℃!

早めの対策を!

肩こり・頭痛・生理痛で鎮痛剤お飲みでは? 無知なほど怖いものはありませんよ。

ますますひどくするだけ。子宮筋腫・リウマチ・神経痛になって当たり前。

体を温め、体を冷やさないために、温活が大切です。

よく鎮痛剤を買いに来られる方を見ると、血液循環が悪い人、

服装でも体を冷やす服装、そこに頭痛や生理痛で鎮痛剤を飲んでいると

後日とりかえしのつかない病気になります。

なって当たり前の服装や飲食ですね。

冷えの養生(体内浄化が必要)

1. むやみに水分・果物・糖分を過剰にとらないこと(たんぽぽ茶で利水・保温)

2.「茹でたり、煮たり、焼いたり」がおすすめ、油ものをひかえる(おふくろの味)

3 食べ過ぎると消化活動のために血液が胃腸に集まり、筋肉や臓器への血流が不足し、

体温が低下して冷えを招いてしまいます。果物の摂りすぎにも注意。熱いものを食べる:

3. 下半身はしっかり厚着:

4. ハイヒール・サンダルは毎日履かない:冷えやすい履き物の代表です。

5. 下着で体をしめつけない:ガードル・ボディスーツなど、

体を締めつける下着は血行を悪くするので要注意。

6. 生理のときは靴下の重ね履き:

7 ミニスカートは女性が、一番冷やしてはいけない太ももとお尻を冷やすで、控えてください。

 スタイルを良く見せる=体を良く冷やす=自分の身体に病気を引き込む。

8 1日3回くらい靴下を履き替えると意外に効果があります (汗でぬれて冷えるため)

9 半身浴・足湯で血行を良くして体を温めましょう(三井温熱治療器・銀盤足温浴・温灸)

東洋医学での治療

子宮筋腫の東洋医学での治療は、子宮内膜症の治療(子宮内膜症参照)と準じますが、

子宮筋腫の場合は、貧血が強い場合は、まず貧血を改善してからになります。

貧血を改善する漢方薬は、芎帰調血飲第一加減、婦人宝、加味帰脾湯、

補中益気湯、四物湯、十全大補湯、止血を目的に

1等級田七(三七)人参(血行促進)、温清飲、黄連解毒湯などを用いることもあります。

特に1等級三七人参は血液のよろず屋と呼ばれ、血液の浄化、特に子宮筋腫は血液の滞りから

なので、コツコツ飲み、体を温めることが大切です。

漢方薬は一人一人のオーダーメイドです、体質によって処方が変わります。

ですから一般的な婦人薬では効き目も少なく効果は期待できません。

ご相談は無料ですので、お気軽にモリタニ薬店へご相談ください。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

棗参宝  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/60/p-r13-s/

松康泉  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/38/p-r13-s/

ショウキT-1  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/