妊娠しやすい身体をつくりましょう!冷え追放!

不妊治療に専念しすぎるのは逆効果。食事や睡眠をしっかりとる健康な生活を送っていますか?

 ゆったりした気持ちで過ごすことが妊娠しやすい身体をつくることが基本です。

身体を冷やさないために40℃以下の食べ物・飲物はひかえましょう。

女性によい食べ物

○鉄分・・・・・貧血防止に

牛乳、レバー、海藻、牡蠣等

○カルシウム・・・イライラが治る

   小魚、牛乳、小松菜、切干大根等

○食物繊維. ・・・・・便秘解消

   ごぼう、芋類、おから、こんにゃく、ひじき等

両方によい食べ物

ビタミンE・・・血行をよくし生殖機能アップ

   ナッツ類、うなぎ、カボチャ、ほうれんそう、アボガドなど

その他・・・・ネバネバ食品、ユリ科の食品、果物

長芋、里芋、オクラ、納豆、モロヘイヤ、ニンニク、ニラ、らっきよう、レモン、

グレープフルーツ、バナナ、りんご、ブルーベリーなど

男性によい食べ物

ビタミンA・・・抵抗力をつけ、身体を活性化

卵、うなぎ、レバー、小松菜、ほうれん草など

ビタミンB・・・疲労回復、スタミナアップ

  うなぎ、大豆製品、しいたけ、豚肉など

アルギニン・・・性機能改善に効果

  豆みそ、ナッツ類、玄米、ごまなど

亜鉛・・・男性ホルモンの合成を促進

カキ、ホタテ、たらこ、牛肉、しょうが、ナッツ類等

男女共にショウキT-1や鹿茸大補湯お飲みいただくと

  身体を温め、ホルモンバランスを整え、精子の活動を増します。

夏こそ男女共に温活が大切ですよ。

体温より温かい飲み物が副交感神経を高め、気持ちを落ち着かせます。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

漢方の不妊治療で、今もっとも注目されているのが『周期療法』です。

女性の健康と美しさは、規則正しい生理周期から生まれます。

周期療法とは、生理周期を、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に分け、漢方薬を飲み分けることに

よって、正常なリズムと体を取り戻すという、漢方(中医学)の新しい考え方です。

従来の、同じ処方を飲み続ける方法よりも、確実に、体のリズムが整えられ、不妊治療の成果が

出やすいのも特徴です。

個人個人の基礎体温表と、体質、不妊の原因、現在の月経の状態

から判断し、漢方薬を選びます。

ここで、知っておいて頂きたいのは、

周期療法はすべての人に今すぐ実行できるわけではないということす。

  • 定期的な月経のない方
  • 身体虚弱で、妊娠出産に必要な体の準備が不足している方
  • ホルモンの長期連用で卵巣の働きが悪くなっている方

以上のような方は、まずは、体を整える漢方薬で調整してから、

周期療法を始めることをお勧めしております。

そしてショウキ温灸をおへそに使うことで、

さらにきれいなグラフになります。

温活を欠かさない事が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、そして歩きですね。

血液さらさらで病なし、身体を温めると病気は治る。

温活か大切ですね。年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)