今夏場のつけ(冷たい飲み物、エアコン、シャワー習慣)で体を冷やし過ぎて、

便秘や下痢で腸内菌のバランスを崩し、腸相を汚してアレルギーが多くなっています。

アレルギーだけでなく免疫力を落としているから、今言われているはしかなどにもかかるんですね。

※冷えると発症多発!!冷える=免疫力ダウン=病気やアレルギーに。

病気になってもすぐに対症療法ばかりして薬の副作用で体を狂わせ薬が薬を呼び薬漬けに。

ならないように病気の元栓を閉めるように対策が肝心です。

※アレルギー(花粉症、アトピー、喘息)にならない方法をアドバイスいたします。

脱抗ヒスタミン剤を!!

まずアレルギーでは病院でアレルギー検査をしますが、僕からしたらそれが何になるのと。

そりゃ命にかかわるアレルギーならともかく、わかったから解決します?

それよりアレルギーにならない事をしないとね。検査代だけかかるだけでしょう。

アレルギーは低体温から発症します。みなさん今自分の体温は何℃ありますか?

理想体温は36.55~37.23℃この体温ならアレルギーにならないのですよ。

戦後文明の力の発達で、とくに冷蔵庫とエアコンの普及から、

真夏のみならず冬場のくそ寒い時でも

冷たい飲み物をグイグイ飲まれて、そら身体も冷えて当たり前。

そして暑い時は冷たい飲み物を飲むと、

30分もすると身体がほてり、

暑い暑いとエアコンをガンガンかける。

5月に入る頃からビルはエアコンが当たり前。

部屋にいると厚着になりたいほどエアコンが入っています。

省エネしないとね。

そこに給食にパンと牛乳が使われて、家庭でもパンと牛乳が当たり前。

戦後外国から小麦等を日本に買わせようとして、給食にごはんでなくパン。

それが洗脳されて今や当たり前。

だから冷やす生活習慣・食生活からアレルギーが急激に増えたのは

当たり前なんです。アレルギー対策は!

まず牛乳厳禁です!牛乳がなくなるとアレルギーの50%以上はなくなると言われています。

それ以外に、アレルギーになりやすい食事のパターン。3つありますが、簡単に

いえば、「偏食と、栄養過多」です

  1. 乳、卵、肉類、果物、菓子類、酒類、塩分、糖分、油っこいもの、
  2. 食品添加物の入った食品ばかり食べる。

②外食、ファーストフード、コンビニ、総菜屋で買って食べる。

③ごはんやパンなどの主食を食べず、特定のおかずばかり。

偏食ばかり×逆に主食ばかり食べておかずはいらないのも同様。

アレルギーになりにくい食事としては、2つあります。

①緑黄色野菜、海藻類、天然ビタミンなどをたくさんとる。

②食事を手抜きせず、栄養バランスのよい料理を食べる。

お母さんは妊娠したら、卵白、牛乳はやめる。生まれる子供の為。

★酵素たっぷりな麦緑素:毎食前に1包でアレルギー解消(体内浄化)!

何をしてもダメ・・を可能にした、

デトックス(体内浄化)でアレルギー体質が改善。

花粉症・アトピーはインスタント缶ジュース(甘いもの)、油ものを控え活性酸素を除去で効果増大。

アトピーがひどい方は2包づつで。毎食前30分に酵素たっぷりな麦緑素を1本、

そしてお腹を温めていると1カ月で体温は1℃上がります。

そうするともうアレルギーの心配はいらなくなります。

★花粉症に乳酸菌!?

フェカリス菌という乳酸菌の効果乳酸菌の中でも、

「フェカリス菌」に注目、フェカリス菌を含む飲料を継続的に8週間飲んだ人は、

鼻かみの回数、眼のかゆみ、鼻づまりで統計上、改善が見られたと報告されています。

日和見菌の乳酸菌FK-23菌で腸内菌のバランスを調節するんです。

1つの菌のヨーグルト等では逆に腸内菌のバランスを崩してしまうので、

逆に免疫力ダウンと身体を冷やします。

また、乳酸菌は、より多く摂ることが有効とされており、フェカリス菌に注目が集まっています。

一時的な市販の抗ヒスタミン剤・ステロイド剤を長く飲んだり、

塗ったりしていると、血液の濁りをきたし、ひいては「低体温」を助長してしまうことになり、

症状も年々悪化していくのが現状です。効きが悪いと次々強い薬が登場し、

ますますアレルギーがひどくなります。

抗ヒスタミンを安易に使えば、使うほどアレルギー疾患は治るのも治らずますます

アレルギーの深い穴の落ち込み、それがまた別の病気を生みだします。

医薬品製薬メーカーが喜ぶだけですね。

★即効性には、酵素たっぷりな麦緑素1包に

乳酸菌FK-23菌を1日2回飲んでいただくと1週間で改善が出来ます。

「効かす」と「治す」の違いがここではっきりしてくるのが、こういう現代病で、

根本治療が必要性のある代表的な疾患です。

対症療法の抗ヒスタミン剤は×。

メーカーも効きが悪くなるからと強い薬、きつい薬といたちごっこでそのため体は

ガタガタになってきて気がついたら副作用で次の薬がいるようになります。

抗がん剤等も同じですよね。

病気の元栓を閉めると病気にならなくなります。

それにみなさんは気がついていなくて対症療法ばかりしている。

若年性緑内障もそういう事から増加しています。

※低体温を解消すればアレルギーは治ります!!

理想体温36.55~37.23℃おへそへの温灸でおなかに注熱を!!

※対症療法なら体質に合った漢方薬を処方。

漢方薬も抗ヒスタミン剤の含まれてない商品を。

(例えばタウロミン等は抗ヒスタミン剤が入った商品ではアレルギー対策の根本治療にはなりません、

なぜなら抗ヒスタミン剤を配合しているから、脱抗ヒスタミン剤とはいえないのです。)

そして温活が大切ですね。

そしてアレルギー対策と健康には温活を。

寒い時はもちろんですが、年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

40℃の入浴習慣で身体をリセットすることが大切です。

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

コデール(旧ベントリン)      http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca20/116/p-r20-s/

酵素たっぷりな麦緑素  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/

LB16(複合乳酸菌)    http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/94/p-r5-s/

乳酸菌-5000生酵素Plus   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/

ショウキT-1  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/