人工授精もあくまで対症療法的としか言えない記事が

今やどんなものにでも先日ノーベル賞受賞された先生が言ってられていましたが

目先の利益に走っていては良い結果は生まれない、基礎が大切と。

健康な身体を作るには原因となる男女の身体をまずは健康体にすることから始めないと

例え子供が出来たとしても、その子供が本当の健康体になるか?

それが調査で現れていると言える記事でしたね。

<顕微授精>子も精子に問題…濃度薄く不活発 ベルギー調査

不妊に悩む男性の精子を卵子の細胞質に直接注入する顕微授精で誕生した男児は、

成長しても一般男性より精子濃度が大幅に薄かったり、

運動している精子の数が少なかったりする傾向があるとの調査結果を、

ベルギーの研究チームが英科学誌ヒューマン・リプロダクションに発表した。

1992年に始まった顕微授精で生まれた子どもたちは近年、世界で成人期を迎えているが、

男性不妊の原因が次世代に引き継がれることが確認されたのは初めて。

今回成果を報告したブリュッセル自由大学病院は世界で初めて顕微授精での妊娠・出産に成功し、

生まれた子どもたちを追跡調査している。

今年4月までの3年間、顕微授精で生まれた18~22歳の男性54人のデータを、

自然妊娠で生まれた同世代の男性57人と比較。

その結果、精子濃度や運動する精子数が全体として半分程度と低く、

世界保健機関(WHO)が定める基準値を下回る人が通常の3~4倍に上った。

ただ、それぞれの父親の精子の数や運動の程度とは違う点もみられた。

 日本では94年に出産例が初めて報告され、

近年は男性不妊に限らず受精率を高める目的でも広く実施されている。

日本産科婦人科学会によると、年間14万件以上が実施され、

2014年までに計9万6000人が誕生している。

厚生労働省の研究班が子どもの健康を調べているが、精子の状態は追跡調査されていない。

 日産婦元理事長で生殖補助医療に詳しい吉村泰典・慶応大名誉教授(生殖医学)は

「顕微授精で男性不妊が次世代の男児に伝わる可能性は遺伝子の研究から予想されていたが、

データで確かめられたことは極めて重要だ。彼らが子どもをもてるかどうかが問われ、

今後、顕微授精の実施時には十分な説明が求められる」と指摘している。

だから早急な結果を出すのではなく、先のことも考えてまずはお父さん、お母さんとなりうる

人を健康体にすることこそが大切です。

今の方は便利な文明の力・食の洋風化から知らず知らずのうちに、

身体が狂わされているからですね。

それを改善していかないと、結果だけを求めるからおかしくなるのですね。

病気の場合もいつも元栓を閉めましょうと言っているのは、

ちょうど薬が薬を呼び薬漬けで身体を壊すのと同じことですね。

相談の来られるかたにはいつも最短半年をかけて健康体になることを。

そのためには食生活(洋食から和食)・生活習慣(早寝⇒10時には寝る・早起き)

・禁タバコ習慣(出来にくい・子供に悪影響)

・身体を温める習慣(お白湯習慣・40℃入浴習慣)等から、急がば回れなんですよ。

対症療法も漢方薬を使います。

漢方の不妊治療の良いところ。

漢方薬を飲むうちに体調が良くなり自分でも気づかずに抱えていた

体の不調が自然と良くなり妊娠しやすい体づくりができます。

体づくりによって 自然妊娠の確立が高まります。

         西洋医学の治療の成功率を高めることが可能です。

         西洋薬の副作用を軽くします

         体外受精の成功率を高めることが可能です。     

また、健康 なご両親から生まれてくる赤ちゃんは健康で育てやすく、

お母さんも妊娠前から体づくりをしておけば出産で

エネルギーを使い果たすことなく楽に子育てができます。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

ショウキT-1  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/

また漢方薬は体質に合わせますのでお問い合わせください。