◎アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎は、鼻・眼・喉の粘膜につきアレルギー反応が出て、

目のかゆみ、なみだ目、くしゃみや鼻水、鼻づまりを起こします。 鼻づまりが続くと、口で呼吸をするため、喉の痛みやいびき、

不眠、注意力散漫など不快な症状が現れます。

原因として、スギ花粉、ハウスダスト、排気ガスなどの 環境汚染、

又、高脂質、高たんぱく、高カロリーなど栄養素の過剰摂取で、

アレルギーの元である抗体の産生を増やしている。

他にも、ストレスも重要な原因。長期にわたると体の低体温化につながり、

より一層、鼻炎の症状を悪化。

又、ストレスが続くと「自律神経」のバランスが狂って、とくに鼻づまりの症状がひどくなってきます。

※一時的な市販・病院の鼻炎薬(抗ヒスタミン剤)を長く飲んでいると、

血液の濁りをきたし、ひいては「低体温」を助長してしまうことになり、

症状も年々悪化していくのが現状です。

「効かす」と「治す」の違いがここではっきりしてくるのが、

こういう現代病で、根本治療が必要性のある代表的な疾患です。

体温を上げミネラル補給(1等級三七人参+カキニクエキス)

もちろん根治には腸相改善が大切です。

※酵素たっぷりな麦緑素・乳酸菌FK-23菌で抗アレルギー腸相改善漢方薬療法のおすすめ

アレルギーは牛乳厳禁!

食前30分に1包、30分空腹で腸相改善で抗アレルギーとデトックスでアレルギー

を抑制。あとは対症療法なら漢方薬で治療促進をします。

寒い時はもちろんですが、年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

40℃の入浴習慣で身体をリセットすることが大切です。

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)