内臓脂肪は生活習慣病の元、モリタニ薬店でダイエットを成功させ、生活習慣病を治しましょう。

モリタニ薬店ではダイエット教習所と名打って、ダイエットご希望の方に来店していただき、

問診、体成分分析器、血流測定を定期的に測定。結果もパソコンで測定データーを管理しつつ、

ダイエット挑戦の方を管理しつつ、データーもお渡しし、協力して達成までアドバイス。

もちろんチャレンジされ、成功されている方にも成果を還元。1カ月で減らした体脂肪は

1kg=1000円で買い取りをしております。けっこう喜ばれていますよ。努力は実を結ぶ。

また血液検査をしていただくと血液検査の数値が皆さん正常値になったり、血圧も正常に。

よく言いますね1食100円の食事が病気にならないと。

内臓脂肪の増加は、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の促進につながります。

内臓脂肪が多く作る悪玉物質の一つは、

腫瘍壊死因子(TNF-α:Tumor Necrosis Factor-α)という物質です。

名前の通りに悪性細胞を攻撃します。ただ、攻撃の中に、兵糧攻め的な作用があり、

細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させます。

このために、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。

腫瘍壊死因子とは別のインスリンの作用を低下させる物質の産生も確認できています。

血栓を作り易くするPAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)の産生も活発です。

全身に作用すれば血栓症(例:脳梗塞)を起こしやすくなる原因となります。

その他に血管の平滑筋の増殖を引き起こす物質も産生しており、動脈硬化を促進する事になります。

血圧の上昇を来す物質も産生していて、高血圧症の原因となります。

上記の物質は皮下脂肪もある程度産生していますが、

代謝の活発な内臓脂肪の方がより産生が多くなっています。

内臓脂肪を減らすには総有酸素運動時間が大事

内臓脂肪は預金に例えると普通預金です。定期預金に例えられる皮下脂肪より引き出しやすい、

つまり減らす事はそれほど困難ではありません。

内臓脂肪は腹部にあるから腹筋運動と考える方がいるかもしれません。

しかし、腹筋運動は腹筋を強くしますが、直接、内臓脂肪を減らす効果はありません。

では何が有効なのでしょう…?

脂肪を燃焼させる有酸素運動が内臓脂肪を減らします。

有酸素運動を行なった場合に、筋肉は蓄えたグリコーゲンを使い、次に血中の脂質(遊離脂肪酸)、

肝臓や脂肪細胞が放出する遊離脂肪酸を使います。

この時に皮下脂肪よりも代謝が盛んな内臓脂肪の方が多くの遊離脂肪酸を放出します。

内臓脂肪は代謝が活発、という事は溜まり易く減り易い性質を持っているということなのです。

よく有酸素運動は運動の持続時間が20~30分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。

この解釈は20~30分以上の持続時間があれば確実という意味です。

これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きないというわけではありません。

一番大切なのは総有酸素運動時間です。

30分を1回よりも10分を5回の方が総運動時間は長くなります。

1回に20分以上と考えると億劫ですが、分割してもよいと考えると

有酸素運動を行う時の精神的な負担が軽くなります。

内臓脂肪を減らすために、誰でもできる有酸素運動、“歩くこと”を、おすすめします。

ウォーキングは脂肪燃焼効果の高い、ダイエットに最適な運動です。

しかし、ただ歩いただけでは、高いダイエット効果は期待できません。

正しい姿勢や速度が大切です。いくつかのポイントをチェックして、

効果的に脂肪を燃やせる歩き方を身につけましょう。

「歩くだけでダイエットができるの?」とウォーキングを甘くみてはいませんか?

ウォーキングは、健康にもダイエットにも効果的な運動です。

しかし、ダイエット効果を得るには、普段歩いているのと一緒ではいけません。

歩き方一つで、得られる効果が大きく違ってくるのです。

ウォーキングは姿勢が大事

ウォーキングで最も大切なのは姿勢です。歩く姿勢が悪いと、関節に負担をかけたり、

筋肉のバランスを悪くしたりしてしまいます。

筋肉のバランスが悪くなると、左右の足の太さに違いがでたり、

さらに姿勢が悪くなってしまったり、見た目にも良くありません。

正しい姿勢を保ってウォーキングを行ないましょう。

正しい姿勢とは?

まずは、下記のことに気をつけて、正しい姿勢で立ってみましょう。

  • 肩の力を抜く
  • 背筋を伸ばす
  • バランス良く重心をかける(左右の足に均等に体重をのせる)
  • 視線はまっすぐ前に向ける
  • 軽くあごを引く

正しい姿勢が確認できたら、軽くつま先で蹴り出し、かかとから着地するようにして歩きます。

これはNG!

  • あごが上がっている
  • がに股や内股になっている
  • 視線が下に向いている
  • 腰が反りすぎる

運動の効果を高め、体に負担をかけないために、

正しい姿勢を意識しながらウォーキングを行いましょう。

靴やかばんにも注意して

ウォーキングは、ウォーキングシューズやスニーカーなどの運動しやすい靴で行ないましょう。

通勤や通学などにウォーキングを取り入れる場合には、ヒールのある靴を避け、荷物は片方だけで

持たずに持ち替えるようにしましょう。

ヒールの高い靴は、バランスが不安定になりやすく、正しい姿勢を保ちにくいです。

また、かばんを片方だけで持っていると、重心が偏ってしまいます。

正しい姿勢を保つために、靴やかばんの持ち方にも注意しましょう。

準備運動・整理運動もしっかり

ウォーキングの速度

ウォーキングの速度は個人差がありますが、普段何も意識せずに歩くスピードは

時速4kmとされています。

普段より少し速いペースで歩くと時速5~6km、

呼吸が大きくなる(呼吸がハッハッと弾む)くらいのスピードでは時速7km以上です。

ウォーキングを行なう際に歩く速度を気にする人が多いですが、あまり気にしなくても良いです。

また、疲れているのに無理して速度を保とうとする人もいますが、

途中でペースが落ちても良いのです。

だらだら歩くのは良くありませんが、正しい姿勢を意識して、

呼吸が乱れない程度のスピードで歩くと良いでしょう。

ダイエットを目的としたウォーキングは、継続して続けることが大切です。

無理をしては長く続けることができません。好きな音楽を聴きながら歩いたり、

景色を楽しみながら歩いたり、ウォーキングを楽しみましょう。

また時間的には午前中が効果があります。

なぜなら午前中はとうしつが少なく、脂肪を燃やしやすいからですね。

よく夜に歩いたり、ジムに行って運動は無意味なんです、どうしても行きたい方は午前中ですね。

そうでないと無駄なお金を使っているのですから。

使うならアーユルベーダートリプルやパパイヤやカロリーカット剤に。

運動は午前中ですよ。時間がない?

朝通勤の時に1駅歩いてください。それだけでも効果はありますよ。

暑い時は汗をかきますので、帰宅後はうがいをして冷たい飲み物をググっと飲まず、

ぬる目のお白湯等を飲み、お風呂で体を温めましょう。

夏場はダイエットは落ちにくいのは、エアコン、冷たい飲み物、食べ物、シャワー習慣で

身体は冷え冷えです。

だからアーユルベーダートリプルやパパイヤを飲んでも身体に熱がないと燃焼分解されないので、

夏場こそが温活のシーズンなのです。そう行動した人はかならず成功します。

少し気温が下がってきているので温活はしやすくなります。

チャレンジはモリタニ薬店にご来店くださいね。お待ちいたしております。

今こそ温活が必要になってくるんですよ。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

グルメかっとん           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca2/2/p14-r-s/

シクロドリーム           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca2/112/p-r2-s/

エフエフトリプルダイエットパパイヤ  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca2/118/p-r2-s/

エフエフトリプルダイエットトリプル  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca2/119/p-r2-s/

コデール(旧ベントリン)      http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca20/116/p-r20-s/

酵素たっぷりな麦緑素  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/