食後の吐き気の原因は、消化不良と胃腸系の疾患に分けられる

食後に具合が良くなく吐き気がするのは、原因として二つ挙げられます。

消化不良と胃腸系の疾患の二つで、

前者は無理な食生活により胃腸に負担をかけることにより引き起こされ、

安静にしていれば短時間で症状は治まります。

一方、後者の場合は、無理な食生活をしていないのにいつも症状が表われるのが特徴で、

症状が一向に改善されないようだと病院で診察を受けた方が良いです。

食後に吐き気を催す病気としては、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがあります。

これらの病気は、食べ物を消化した後でも胃酸が強過ぎることが原因で出続けてしまうため、

胃や十二指腸にダメージを与えてしまいます。

最近注目されている逆流性食道炎も食後の吐き気の他に、

胃液が逆流してきたり、甘く酸っぱいものを食べた後に良くなるといった症状を有しています。

日常生活で出来る予防法としては、暴飲暴食を避けると同時に甘いものや脂っこいものは極力控え、

消化の良いものを摂るようにしたいです。

アルコールを摂取する時は適量を守り、空腹状態で摂取するのは避けたいところです。

空腹状態で摂取してしまうと、血中のアルコールの濃度が高くなってしまい、

吐き気が起きやすくなるからです。

他には、自身に合ったストレス解消法を見つけ実践することで、

ストレスを溜めてしまわないことも症状を抑える上で効果があります。

吐き気の症状が表れてしまった時の対処法としては、衣服をゆるめ横になって静かに安静したり、

1時間から数時間の間はお腹を休ませるようにします。

安静することで症状が治まった場合には、消化の良いものを少しずつ摂るようにしていきます。

便秘による吐き気は危険信号!今すぐ改善する為の2つの方法

便秘の悪化で引きおこる、とてつもない吐き気。

万が一仕事中に吐いてしまったらと思うと、不安になりますよね。

いつもダルさをかかえながらも、仕事や家事をこなして、耐え続けてはいないでしょうか。

ガンコな便秘になっていると、なかなか改善できずに、

どうしたらいいのかと不安になると思います。

便秘によって吐き気がおこってしまった時の2つの対処法と、

これ以上「便」を溜め込まないための、毎日できる習慣をご紹介します。

便秘による吐き気は体からの危険信号。

これ以上悪化をしないためにも、この記事で便秘を根本的に改善していきましょう。

便秘による吐き気は体からの危険信号

排便をすることは、体にとってとても大切な行為。

バナナ約1本分のゴミを毎日外に捨てることで、体の中をキレイに保っています。

けれど、便秘が何日も続いていると、腸の中が便でパンパンにつまり、

新しく入ってきた食べ物が腸におりていかずに、吐き気を催すようになります。

つまり、今のあなたの体は、胃の中も、腸の中も、ゴミがパンパンに詰まっている状態。

ゴミがたまりすぎて上手に働けなくなっている体では、生きていく事さえ困難です。

その危機を脱出し、あなたの体を守る為の働きが「吐く」という行為です。

吐く事で体が楽になろうとしている

体の中が「もうゴミをためておけない!」という緊急状態になったとき、

吐く事であなたの体をラクにしようとします。

「便秘だし、吐き気もひどいし最悪だ」と思う気持ちもあるかもしれませんが、

「吐き気」はあなたの体を守るための、最大の思いやりでもあるのです。

だからといってこのままにしておけば、体にも大きな負担がかかり続けます。

まずは吐き気の対策をした上で、便秘を根本的に改善するということを、

もう一度改めて取り組んでいきましょう。

いますぐ改善する為の2つの対策

まずは便秘によるつらい吐き気を改善するための、2つの対策をご紹介。

対策1、吐きたいときには我慢をしない

「吐くのなんて絶対にいや!」そんな風に思うかもしれませんね。

もしくは、職場や学校にいて、今は安心して吐ける環境ではないのかもしれません。

けれど、便秘による吐き気は、

「これ以上体の中にため込むのは危険だよ!」と体が教えてくれている最終警告。

「下からも出ないけど、上から出すのも嫌!」というのは、体にとってはものすごく大きな負担です。

もちろん、吐き気が軽い場合は、無理して吐く必要はありませんが、

吐きたい気持ちを無理やりガマンしているのなら、まずは何よりも「吐く」という事が優先事項です。

対策2、便が出るまでは食事を控える

「便秘が長く続くと吐き気がおきて困る」そんなときは、

便が出てから食事をするという順番を決めておきましょう。

つまり、「出ないときは食べない」に徹するのです。

「食事をしないと便が作れなくて、よけいに便秘になるんじゃない?」

と心配になるかもしれませんが、それはまったくの誤解です。

腸は「消化」と「排泄」を、同時に行う事ができないので、

つねにあなたのお腹に食べ物がある状態だと、消化活動ばかりがはたらき、

いつまでたっても排泄活動をする事ができません。

「便秘の時こそ食べない」に徹する事で、消化活動が休まり、「出す力」が高まっていきます。

便が出るまでは、こまめに水分補給をしたり、消化に負担のかからない

「果物」をいただくようにしましょう。

特に「リンゴ」は便の排泄を手伝う「食物繊維」が豊富なので、オススメです。

毎日いろいろなことを溜め込んでいませんか?

  • トイレに行くのを我慢してしまうことが多い
  • 忙しくても人に頼る事ができない
  • 言いたい事があるけど伝える事ができない
  • 部屋に「いらないもの」がたまっている

あなたは「溜め込むクセ」を持っていませんか?

たとえば、忙しい毎日を送っていると、

便意があってもトイレをガマンしてしまう事があるかもしれません。

「出したい」という合図を長いあいだ押さえ込んでいると、

腸の働きが弱くなり、慢性的な便秘になっていきます。

さらに、便秘は「感情の面」も大きく影響をします。

腸は感情をコントロールする為の神経が、脳に次いで多い臓器の一つ。

仕事でイライラしていたり、人に言いたい事が言えずに溜め込んでいると、

腸までストレスを抱え込み、便を押し出す事ができなくなっていくのです。

あなたの知らないうちに身に付いている「溜め込むクセ」が、

便秘を慢性化させている原因になっているかもしれません。

とにかく「溜め込まない練習」をする事が大切

便秘を根本的に改善するには、「気持ちの面」でも「体の面」でも、溜め込まない事が大切です。

「それができれば苦労しない」と思うかもしれませんが、そのとおりです。

それさえできれば、苦労しないのです。

「溜め込まない事」は、便秘の改善はもちろん、

あなたが家庭や職場で幸せに生きていくためのコツでもあります。

慢性化したガンコな便秘は、「せーの!」ですぐに解決できるものではありません。

本来なら、今まで便秘になってきたのと同じだけの年月が、改善する為にも必要です。

何度も練習して、乗り越え、少しずつできるようにしていきましょう。

そんなあなたの努力が、1日も早い便秘の改善へとつながります。

溜め込まないための習慣

もうこれ以上「吐き気」に苦しまないためにも、便としてきちんと出せるようにしていきましょう。

明日から早速できる、溜め込まない為の7つの習慣をご紹介します。

習慣1:少しの便意でも後回しにしない

「もうすぐ出勤だから今は出ないで!」「トイレに行きたいけれど恥ずかしい」

そんな風に、知らないうちに便意をガマンしてしまう事がありませんか?

出したいときに我慢をしていると、だんだんと腸が鈍感になっていき、便意が起きなくなり、

「出したい時に出せない」という慢性的な便秘につながります。

「仕事中だし、トイレに行けない」と思うかもしれませんが、意外と遠慮なしでトイレに行っている

同僚もいるはずです。吐き気までともなう便秘は、とても危険な状態。

たとえ仕事中でも、普段から、少しの便意があれば遠慮をしないでトイレに行く習慣をつけましょう。

習慣2:仕事中の姿勢は猫背にならないように意識する

毎日パソコンの画面に釘付けになって、猫背になっていませんか?

姿勢が悪くなっていると、腸が圧迫されてのびのびと動く事ができなくなり、

頑固な便秘になっていきます。

「猫背」が便秘の原因になっている場合、正しい姿勢を意識して、腸の圧迫を改善するだけでも、

すっきり便が出るようになります。

あなたが猫背になっているかよく分からないときは、下記を参考にしてください。

1つでも当てはまっていると、猫背の可能性があります。

  • パソコン仕事をしているとどんどん体が前のめりになっていく
  • 肩がこっている
  • 背中がこっている
  • イスの背もたれにもたれることが多い
  • お尻がたれている
  • 背中が丸くなっている
  • 下腹が出ている

猫背が原因と言われても、「姿勢を正すのはなかなか難しい」と思われるかもしれません。

習慣3:ランチではたっぷりの生野菜とオリーブオイルを

毎日パスタやパンなどの小麦中心の食事をしていませんか?

もしくは和食中心の健康的な食事でも、

加熱食品が多いと、便秘になりやすくなります。

便秘を改善する為の食事の基本は、水分を豊富に含む「生野菜」を意識して食べる事です。

生野菜の水分によって便が柔らかくなり、スムーズに出やすくなります。

さらに、生野菜には腸の中をきれいにするための「食物繊維」が豊富にふくまれているので、

便秘の解消にはおすすめの食材です。

それにくらべ、加熱料理が多い食事は、食材がもっている豊富な水分を蒸発させてしまうので、

便が硬くなりやすく、便秘の解消には向きません。

毎日の食事内容は、生野菜を半分以上取り入れるようにしましょう。

お弁当をサラダにすれば、早く作る事もできて、一石二鳥です。

「オリーブオイル」で一瞬ですっきり

ドレッシングには、たっぷりの「オリーブオイル」を使いましょう。

油分によって便が柔らかくなり、するんと出やすくします。

実際にオリーブオイルをたくさん消費しているスペイン地方では、

便秘の人が少ないのも特徴的です。

オリーブオイルに少量の塩があれば、おいしく野菜を食べる事ができます。

習慣4:お風呂で腸をリラックスさせる

 毎日ハードな仕事や、冷房で冷えきってヘトヘトになっている体は、

1日1回のお風呂タイムで、リラックスできる時間をつくりましょう。

お風呂に入る事のメリットは2つ。

1つは、重力から腸が解放されてのびのびと動けるようになる事。

そしてもう1つは、温まって血流がよくなる事で、腸の働きを高める事ができます。

仕事の時はハードに働いていても、夜になったらしっかりと休む。

そんなメリハリのある生活が、あなたの腸の動きを活発にしていきます。

習慣5:休みの日は家中の掃除をする

パソコン仕事で座りっぱなしになっていたり、

立ち仕事でもあまり歩く事がない毎日を過ごしていませんか?

便秘になっている人のほとんどに共通するのが、「圧倒的な運動不足」です。

ここで言う運動とは、「スポーツ」をしたり「ジム」に通う事ではありません。

スポーツやジムでする動きは、同じ動きを反復する事が多く、体に歪みが出てしまったり、

「ルール」や「規則」の中で緊張して体を動かしているので、その緊張が腸にも伝わり、

なかなか便秘を改善する事ができません。

スポーツ選手に便秘が多いのも、これが理由です。

便秘を改善する為の運動とは、子供のように自由にのびのびと体を動かす事をいいます。

大人のあなたなら、「ぞうきん」をつかって家中の大掃除をするのがおすすめです。

一度でいいので試しに実践してみると、その全身運動のきつさに驚かれるかもしれません。

けれど、終わってみるととても体が気持ちよく、じっとしていた時よりも、

腸がほかほかと温かく、リラックスしているのを感じるはずです。

休日には、ぞうきんを使った部屋の掃除で、お腹も部屋も、すっきりきれいにしていきましょう。

習慣6:腸マッサージで腸の働きを手助けする

 毎日遅くまで仕事をしていると、食事や生活を改善する事が難しいときもありますよね。

なかなか行動に移せない自分を責めているかもしれません。

そんなときは、「腸マッサージ」をすることで、腸の動きの手助けをすることができます。

腸のマッサージをすることで、血流がよくなり、カチコチに固まっていた腸の動きが柔らかく戻り、

便を押し出せるようになっていきます。

「腸マッサージ」で、頑固な便秘を改善していきましょう。

習慣7:今の仕事をもう一度見つめ直してみる

毎日トイレに行く時間がないほど過酷に働いているのかもしれません。

もしくは、仕事にやりがいを感じることができずに、毎日ストレスを抱えているのかもしれません。

そのどちらもが、便秘になる大きな要因です。吐き気をともなうまで悪化しているのなら、

なおさらずっとガマンし続けてきたのかもしれませんね。

「いまの仕事を辞めない限り、便秘は改善できないな」

と感じているのなら、あなたの仕事にたいする価値観について、もう一度向き合ってみましょう。

今あなたが取りくんでいる仕事は、あなたの健康と引き換えにしてまでも、

一生懸命になりたいことですか?

人は、からだの不調を乗り越えたとき、前よりも一回り成長した、健康的な体を手に入れます。

あなたがこのツライ便秘を乗り越えてでも、仕事に対して情熱を注げたとき、

きっとあなたの体も強くなっているはずです。

まとめ:長年の便秘も必ず改善できる

溜め込まないための7つの習慣

1.少しの便意でも後回しにしない

2.仕事中の姿勢は猫背にならないように意識する

3.ランチではたっぷりの生野菜とオリーブオイルを

4.お風呂で腸をリラックスさせる

5.休みの日は家中の掃除をする

6.腸マッサージで腸の働きを手助けする

7.今の仕事をもう一度見つめ直してみる

便秘の改善は何よりも「継続」が大切です。

体はゆっくりですが、確実に変化をしています。

その変化の過程をしんぼう強く乗り越える事が、便秘を改善する為の最大の秘訣です。

便秘を改善して、健康な体で毎日を気持ちよく過ごす為にも、

1日も早い便秘の改善を応援しています。

そして温活です。また出ないときは温めて出すサプリメントのコデール(旧ベントリン)

をお勧めします。もちろん酵素タップリな麦緑素と乳酸菌FK-23菌の活用で

腸相改善をしましょう。とくに吐き気を伴う方には必須条件ですね。

便秘=胃腸の冷え。温活大切に。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談ください。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

酵素たっぷりな麦緑素60包   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/

LB16(複合乳酸菌)    http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/94/p-r5-s/

乳酸菌-5000生酵素Plus   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/