腸相を改善すると病気は治るというように、

最近みなさんが病気に対しての抵抗力が落ちているのは腸相が悪いからですね。

原因は?

食べ物の洋風化と、冷たい飲み物ばかり、シャワー習慣で体温がどんどん低下させ、

脂っこい食べ物で、腸相はドロドロでヘドロのようになっています。

もちろん体温が低下。免疫力低下でアレルギーも多発しています。

あなたも一度、腸相チェックをしてみませんか。

大腸検査?たいそうな。飲んで便の色でおおよそがチェック出来ます。

腸相改善には、酵素たっぷりな麦緑素を毎食前30分に1包を水またはお白湯で飲みます。

便の色をチェックして緑色や黒っぽい便ならかなり腸相が悪い証拠。

半月くらいは逆にどす黒い色・くさい臭いの便が出ます。

1ヶ月ほどでバナナ状の黄色い臭わない便が出ると腸相は改善。

但し、浣腸・便秘薬は一時しのぎで腸相は改善は出来ないけれど、1ヶ月で腸相は綺麗に。

事実それで手術回避も多数。

便秘に便秘薬に頼っていませんか?

一時的刺激で身体を冷やし慢性化して腸相を汚します。

便秘の方は低体温で腸の定住のビフィズス菌が増殖しにくく、

便秘薬を飲んでも腸壁と古い便の間に雑菌が繁殖し、免疫力低下で万病の元になりやすいのです。

腸相悪は体温低下・免疫力も低下し体調もバランスを崩してきます。

便秘の薬も体質(証)に合わせた漢方薬を使用しないと、

新薬の便秘薬・浣腸は腸壁も荒れてますます便秘・宿便もひどくなり、病気の原因になるので要注意です。

対策としては、体温(36.5~37.2℃)になるように食養生と、

食前に酵素たっぷりな麦緑素と夕食後に

オリゴ糖や乳酸菌FK-23菌を飲むと、1週間で腸内発酵が正常になり、毎日続けると、

便秘がなくなり、宿便もスッキリ。腸壁と便の間に病気の原因が出来るので便秘は病気の元。

酵素たっぷりな麦緑素を空腹時に飲むと、腸まですぐに行き、腸をきれいにします。

テレビ等で宣伝している青汁は乾燥粉末(酵素分解)は逆に胃腸を害します。

酵素たっぷりな麦緑素は、確実に腸に届き、弱った善玉菌を増強、発育に適した環境をつくり、

デトックス効果があります。

乳酸菌FK-23菌をあわせるとさらに効果大。何をしてもダメな方は、

一度お試しください。※難病・癌・アレルギー・ダイエットにも大好評。

<フェカリス菌>

乳酸菌には、免疫(病気から体を守るしくみ)を担う血液中の白血球を強化し、

病気や老けを退ける強力な働きがあります。

しかし、乳酸菌と一口でいっても、球菌や桿菌などさまざまな種類があります。

そうした中で、最近、白血球を強化する働きが科学的に実証されて、

特に話題になっているのが、エンテロコツカス・フェカリス菌(以下、フェカリス菌と呼ぶ)という

乳酸菌です。フェカリス菌は、腸球菌(腸に定着している球菌の一つ)の一種で、

腸管の中でも小腸に多く住み着いている乳酸菌です。研究者の間では、

以前からフェカリス菌は白血球を強化する働きがあると考えられてきましたが、

最近になって、その効果が非常に大きいことがわかってきたのです。

ここでは、帝京大学や薬学部教授の山崎正利博士が

フェカリス菌の死菌を使って行った研究を紹介しましょう。

まず、フェカリス薗がTNF(腫瘍壊死因子)の産出をどのくらい増やすかどうかを調べた実験です。

TNFとは、マクロファージ(大食細胞)が放出するサイトカイン(生理活性物質)の一つです。

マクロファージは、白血球の一種で、体内の異物を食べて殺す働きをしています。

つまり、サイトカインの産出量が多いほど、マクロファージの働きが強力といえるのです。

この実験では、病院でガンの治療に使っている免疫賦活剤(0Kー432)とマクロファージを

同じ試験管内に入れたものと、マクロファージを同じ試験管内に入れたものを比べ、

数時間以内にどちらがTNFの産出量が多くなるかを調べました。

すると、フェカリス薗のTNFの産出量は、免疫賦活剤と同程度か、それ以上の量を示したのです。

この結果から、山崎博士が実験で使ったフェカリス菌の死菌は、ガンの治療薬並みか、

それ以上にマクロファージの働きを強めることがわかりました。

また、山崎博士はほかの乳酸菌(ラクトバチルス・カゼイ菌や

ラクトバチルス・アシドフィルス菌など)でも同じようにTNFの産出量を調べていますが、

フェカリス菌がマクロファージの働きを最も強めることが確かめられています。

<マクロファージを元気づける効果も強力>

次に、フェカリス菌が白血球の伸展度をどの程度強めるかを調べる実験も行われました。

伸展度とは、マクロファージの働きがどれくらい活発であるかを示すものです。

例えば、みなさんも体の調子がよくて元気であれば、手を出し、足を出し、

活発に動き回るのではないでしょうか。

反対に病気になって元気がないときは、布団の中で寝たままでじっとしているでしよう。

実は、マクロファージもこれと全く同じで、活性化した元気なマクロファージは、手を出し、足を出し、

元気に動き回ることができ、ウイルス(細菌より小さな微生物)やガン細胞といった異物を食べて

殺す働きも強まるのです。

そうしたマクロファージの活性度を、伸展度というわけです。

この実験も、TNFの産出量を調べた前述の実験と同じ方法で行われましたが、

やはり、フェカリス菌が免疫賦活剤と同じか、

それ以上にマクロファージの伸展度を強めることがわかりました

このほか動物実験では、フェカリス菌を与えたネズミは、与えなかったネズミよりも

白血球の数が多くなることもわかっています。

<今、注目を集める新型乳酸菌>

ところで、フェカリス菌といっても、実はいくつかの種類があるため、

どのフェカリス菌をとっても同じ効果が得られるというわけではありません。

例えば、人間の中にも元気のいい人と悪い人がいるように、

菌の中にも元気のいい菌と悪い菌があるのです。

また、菌の質は、菌を培養(育てて増やすこと)するときの培地(菌を増やす畑のこと)の

質と大きく関係しています。

つまり、元気のいい菌だけを選んで良質の培地で増やしたフェカリス菌は、

質が大変いいため、白血球を強化する効果が非常に大きいといえます。

そのため、白血球を強化するためにフェカリス菌をとる場合には、

そうした良質の菌を選んで、とることをおすすめします。

もちろん、食べ物を洋食、冷たい飲み物、シャワー習慣では腸相は改善できませんので、

食事は和食、味噌汁、漬物、発酵食品と温活で腸内菌のバランスを整えて免疫力をアップさせましょう。

まずは食べ物が大切ですよ。味噌汁、漬物、発酵食品で腸相改善を。

インスタント食品、コンビニ弁当等では腸相を汚すので腸相を悪くしていますね。

だから身体は健康にはなれませんよね。もちろん美容にも。

一生懸命高価な化粧品で対症療法していても、食べ物で腸相を汚しているのでは何にもなりません。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談ください。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

1等級三七人参150   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca22/130/p-r-s/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

コデール(旧ベントリン)      http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca20/116/p-r20-s/

酵素たっぷりな麦緑素  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca16/77/p-r16-s/

LB16(複合乳酸菌)    http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/94/p-r5-s/

乳酸菌-5000生酵素Plus   http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca5/110/p-r5-s/

ショウキT-1  http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca13/61/p-r13-s/