血液と動脈硬化の関係(血液の浄化を)

動脈硬化は加齢とともに進行する血管の老化です。

でも急に起こるわけではなく、若いころから始まり、

自覚症状として表われてくるのは大体40歳を過ぎる頃からです

(中にはあまり自覚症状を感じられない方もおられますが)。

しかし血管は日々衰えていきます。

血管の詰まりは生まれたときは0

20歳では20

40歳では50

60歳では75

は十分食養生をしていても詰まってくるのです。

スタートから終点まではだれでもが通る道。

ところが十分食養生をしている人が各駅停車に乗るようなもの。

ところが生活習慣病・薬漬けなどの人は、

急行電車や特急電車に乗っているようなものなんです。

ですから、みなさんには各駅停車に乗り換えてくださいねと言っているんです。

いくらいい漢方薬を飲んでも、スタート地点には戻れないんです。

だから毒だし、温活、脱化学医薬品で各駅停車に乗り換えましょう。

それを薬漬け・不摂生・タバコ・冷たい食べ物、飲み物などは

自分で好んで特急や急行に乗り換えるようなものなんです

次第に血管にコレステロールや中性脂肪などがたまり血管が弾力(柔軟性)を失い硬くなり、

血液の流れが悪くなって、血栓など引き起こしやすくなります。

やがて心筋梗塞、狭心症、脳梗塞や脳出血などへ進み、大変な事態になりかねません。

一等級三七人参は血液の流れを良くし、心臓や血管への負担を軽減し、

血清コレステロールや中性脂肪を減少させ、血液の環境を良くします。

また脳への血流が悪くなり、

物忘れ・痴呆症等の発症対策にも、血液さらさらに、脳への血流を良くする必要があります。

ましてや睡眠薬等は血液ドロドロにして脳の細胞に酸素を届けないから死んで、痴ほう症に。

また下半身の血流が悪いと、酸素が届かず、

膝から下にむくみやジンジンしたしびれや痛み、こむらがえり等が起こります。

対策はまず血液の浄化となる一等級三七人参を飲み、

下半身を温めて血管を拡張さすことが大切。

糖尿の方、肥満体質の方は

ダイエットも大切です。それにはショウキD-30のDT-1がおすすめですね。

糖尿にもダイエットにも便秘にも効果を発揮します。

不測の事態になる前に一等級三七人参を予防や改善にお勧めします。

だから温活が大切ですね。

夏場ほど落ちないのは、身体を冷やす飲み物、食べ物、そしてエアコン、シャワー習慣で

身体が温もらないので体脂肪が分解しないからですね。

夏場ほど温活が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、特に汗をかいたらシャワーではなくお風呂につかることが大切ですね。

温活は必要不可欠なんです。

温活を欠かさない事が大切です。

お白湯習慣、40℃の入浴習慣、そして歩きですね。

血液さらさらで病なし、身体を温めると病気は治る。

温活か大切ですね。年中温活(入浴、ショウキ温灸等)が大切です

お白湯習慣、朝起きたらお白湯を200ml飲んで、

空の胃腸をシゲキしましょう。

もちろん1日中お白湯習慣(飲み物は温かい飲み物に)

化学医薬品は化学医薬品を呼ぶ。

薬が薬を呼び、薬漬けから身体を潰します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

お買い物もモリタニ薬店で。

http://moritani-drug.com/(HP)

ご相談はHPのメールアドレスよりご相談ください。

http://ameblo.jp/0473248970/(ブログ)

店内でショウキ温灸の無料体験も出来ますよ。