この1か月台風や前線で天気が悪く、気圧や湿気の影響で血流が悪くなり、

体調を崩す方が多いですね。

気分的にもスッキリしません。あまり出歩かない方にはなおさらです。

うつ病患者の特徴として、食生活がいい加減、というものがあり食生活改善と温活が大切。

うつ病になる人は焦って行動することが多いですから、食事の時間も短く、

栄養バランス等を真剣に考えない傾向があります。

そのため、非常に栄養バランスが悪く、内容の偏った食事をしているのです。

食生活が乱れて栄養バランスが悪いのなら、うつ病になる人は病気がちと思われるでしょうが、

そんなことはありません。 むしろ、普通の人よりも身体が丈夫であることのほうが多いのです。

生まれながらにして身体が丈夫ですから、食生活がいい加減でも身体は持ちこたえてしまいます。

だから焦って無駄な動きが多かったり、ハードワークをしてもなかなか病気になりません。

しかし食事がいい加減なのに無茶な行動ばかりしていると、身体は必ず壊れます。

突然、心臓がストップしてしまうこともあるのです。

そこで、脳が危険を察知して指令を出して、強制的に身体の動きを止めてしまうのです。

脳が、身体を動かなくするように指令を出すのには、身体に危険を感じたときです。

このとき、身体に十分な栄養が行き渡ってまだまだ身体が危険な状態でないのなら、

脳は身体を動かなくする指令を出しません。

身体に無理がかかると、体調を崩してすぐに寝込んで休んでしまう人がいます。

こういう人は、うつ病になりにくいのです。

身体に無理がかかると、自分の身体の中でもっとも弱いところに痛みがでます。

たとえば、すぐに胃腸が調子悪くなったり、腰が痛くなったりする人がいます。

このような人は胃の痛みや腰の痛みによって強制的に休まざるを得ませんから、

仕事で無理ができずに定期的に休養をとっていることになります。 そのため、なかなかうつ病にはなりません。 自分の身体が弱いことを欠点のように思う人がいますが、それは間違った考え方です。 身体が弱いことにより強制的に休養をとるため、うつ病などの難しい病気にならずにすんでいるので、

身体が弱いことも十分メリットがあるのです。 うつ病になりやすい人というのは、身体が丈夫なので、食事など健康管理に気を遣いません。 そして食事などの健康管理に気を遣わなくても、仕事をバリバリこなすことができるので、

ある時突然、限界がやってきてうつ病になってしまうのです。 ちょうど、ビィーンと張ったゴムが限界まで伸びきってしまい、ゴムとしての弾力を失ってダランとしてしまったようなものです。 もし身体が弱ければ、ゴムが伸びきる前に風邪を引いたり胃腸を痛めたりして強制的に休養するため、ゴムが伸びきることはありません。 なまじ身体が丈夫であるがゆえに、限界までゴムが伸びきってしまい、とうとう脳からストップという

指令が出てしまうのです。

うつ病の人は肉食が少ない

うつ病の人は、炭水化物を好み、肉を食べる量が少ない傾向にあります。 肉というのは、やる気やパワーの源となりますから、力強くたくましく生きるのに、

必要な食べ物なのです。 もちろん肉を食べなくても生きていくことはできますが、

肉が足りないと力強さやたくましさが身につきません。 現代社会は、本当に複雑でストレスの多い状態になっています。 このような社会の中で力強さやたくましさが発揮できないと、ストレスにやられてしまいます。 草食動物というのは、いつもビクビクと外敵におびえています。 そのため野生の草食動物が人間に捕まると、ショック死してしまうものもいるのです。 それぐらい草食動物というのは、ストレスに弱い生き物なのです。 これに対してライオンなどの肉食動物は、人間に捕まったぐらいでショック死することはありません。 肉を食べる動物のほうがストレスに対してはるかに強いのです。 人間社会でも、肉をガツガツ食べる人は、うつ病などの精神病にはなりにくい傾向があります。 だからうつ病の人は、積極的に肉を多く食べるようにしてください。 炭水化物というのは身体を動かすエネルギーになるので、炭水化物だけでも人は死にません。 ただし炭水化物だけでは、ストレス耐性がまったく身につきません。 これではうつ病にやられやすい状態です。 ですから、1日1回は必ず肉を食べるようにしてください。

連日の焼き肉でうつ病が治った人

うつ病の人を、毎日焼き肉屋に連れて行ってばくばく食べさせていたら、うつ病が治ってしまった、

という話しがあります。 この話しはとてもよくある本当の話しで、珍しいことではありません。 うつ病を治す方法として、うつ病にはありえない状態を外部から作る、というものがあります。 うつ病で顔が青白い人が、連日焼き肉屋でガツガツお肉を食べるというのは、

とても似つかわしくない状態です。 そしてこのように「似つかわしくない状態」をずっと続けていると、

身体が勝手に外部の状態に合わせていくのです。 つまり、連日焼き肉屋でガツガツお肉を食べるという人がうつ病であるはずがないので、

勝手にうつ病が治ってしまうのです。 そもそもうつ病の人は、普通の人よりも肉を食べる量が少ないです。 だから肉をきちんと食べて、うつ病ではないような状態にしてしまってください。 うつ病が重症化すると、肉を食べるのがつらくなります。 それでも、うつ病を本当に治したいのなら、ひと箸でもいいから、肉を食べてください。 2日目には、2切れの肉を食べられるようになります。 こうやって毎日、少しずつ肉の量を増やしていってください。 こうして肉を食べ続ければ、うつは回復に向かいます。

鬱の診断

□よく不安になる

□イライラする

□ストレスが溜まりやすい

□疲れがとれない

□集中力が続かない

□思考の低下

チェックがひとつでもあったら脳は疲れています。

そんな時には督脈を温めましょう。督脈は脳の中をめぐっています。

ショウキ温灸で脳に陽気を増やします。心療内科の薬でさらに脳の血流が悪くなりさらに悪化。

神道(脇の下の高さで背骨の上の位置)=ストレスがとれ心が強くなります。

神けつ(おへその位置)= エネルギーを増します。

現代病鬱(うつ)

うつ病を国民の15人に一人が経験

うつ病は、青年期から高齢者までどの年代でも発症し、

特に中年期以降からの発症が多いと言われています。

厚生労働省(「地域におけるうつ対策検討会」)の報告によると国民の約15人に1人が経験すると

いわれています。

また、別の調査では、6人に1人は発病するという結果もあるほど誰でも罹患する可能性がある

病気です。

特に、近年は、軽症のうつ病や、肩凝り、不眠、頭痛など身体的症状が目立つうつ病などが

増えているようです。これは首こり病がほとんどです。首の血流を良くすることが大切ですね。

では何故うつ病になるのでしょうか?

新型うつは首こり病とも言われますね。

うつ病は、単なる心の問題(気持ちのもちよう)ではありません。   

うつ病は、さまざまな要因が単独あるいは重なり合い、脳内の情報伝達で重要な役割を担う

神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリンなど)のバランスが崩れることによって

引き起こされると考えられています。

この細胞間の刺激伝達物質の伝達を正常に行う上で、

重要な役割を果たしているのが牡蠣に多く含まれる亜鉛という、ミネラルです

あなたのご家族に微量栄養素は足りていますか?

微量栄養素とは?「人間の身体にほんの少しだけ必要不可欠な栄養」

一般的にはビタミン類やミネラル郡の事を総称して呼びます。

最近のお子様は、「身体は大きくなったけど体力が無い」これは、栄養過剰の微量栄養素失調が原因と

言われてます。未来をになう子供たちのためにも、もう一度食生活を見直して下さい!

また、昨今色とりどりのサプリメントが色々な所で販売されて、お求め安くなっていますが、

その大半は人工的に生産されたものです。

アメリカでは複合ビタミン剤が一般化していますが、

他の国より健康な人が多いという話は聞きません。

人工的に製造されたサプリメントは吸収率が悪く過剰摂取の心配があります。

微量栄養素で一番大切なのは「質」です。

天然の微量栄養素を満遍なく、

しかも効率的に含んだかき肉エキス「BSかき肉エキス粒」を毎日続けて取り入れることを

お薦めします。

エネルギー不足を焼き肉を食べたら治ると言うくらいですからね。

BSかき肉エキス粒は、海の理想的なミネラルバランスをそのまま含んでいます!

天然亜鉛たっぷりのBSかき肉エキス粒は、広島産の牡蠣を

100%使用したかき肉エキスです。お子様からご年配の方まで幅広く、ご利用いただける商品です。

他のかき肉エキスとは全く違う製法(特許取得)により、より安全にそして、

身体に必要な栄養素の吸収率を追求した国産最高級のかき肉エキスです。

※また自律神経バランスを調節する1等級三七人参の飲用と

耳へのショウキ温灸はお勧めします。不眠症、首こり病にも効果てきめんですし、身体に安心です。

血液さらさらで病なし。身体を温めると病気は治ると言うように、

化学医薬品は対症療法で根本治療にはなりません。

ダイエットでも心療内科の薬を飲んでいる方は代謝が悪いので落ちません。

そこで薬を控えて1等級三七人参とBSかき肉エキス粒を飲んでいただき耳への温灸で、

気分も軽くなり血流がよくなり、代謝もアップして体重も落ち始め、

身体が軽く、身体の痛みもなくなり、今までがうそのようになったと喜ばれました。

また温活こそが大切です。身体を温めること。ようは病気、症状の元栓を閉めたらいいんです。

今こそ温活が必要になってくるんですよ。

「一等級三七人参」は血液をサラサラにして、

血行不良からくる痛みや冷えの改善にとても役に立ちます。

また、「一等級三七人参」に含まれるサポニンという成分が続けて飲用することによって、

ストレスや慢性疲労から貴方を解放します。

詳しくはモリタニ薬店へお気軽にご相談くださいね。

モリタニ薬店HP        http://moritani-drug.com/

ショウキ温灸器           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca11/37/p11-r-s/

忘憂歓(ぼうゆうかん)          http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/133/p-r-s/

美・ワカイン            http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca7/13/p-r7-s/

牡蠣(カキ)肉エキス           http://moritanidrug.cart.fc2.com/ca4/135/p-r-s/